失敗から何を学べるのか?

2022.5.17
Share:

From:堀北晃生
丸ノ内のオフィスより、、、

こんにちは、堀北晃生です。

私たちは投資を実践する中で、
上手くいくときがあれば、
そうはいかないときもあります。

この際に重要なのは、
上手くいかなかった時に、
その中で何を学べたかを考えることです。

良かれと思っていた投資が
結果的にうまくかず、
損切りになってしまうことはあります。

投資をする上で、損切りとは
一生付き合っていかなければいけません。

ゆえに、その損切りに対して、

・悔しい
・怖い
・残念

こういった気持ちだけで片付けるのは、
とてももったいないことです。

「失敗から何を学べるのか?」

ということがとても重要です。

失敗し挫折し心が折れそうになった時にこそ、
学びの種があるということです。

繰り返しますが、

「この失敗から何を学べるのか?」

こういったメッセージを心のなかで復唱し、
書き出してみてください。

今すぐ答えは見つからなくても、
過去の失敗から大きな成長につながる
鍵が見つかります。

こういった敗北や挫折、
苦境から復活できた人は、
後に大きく成功することが多いですよね。

プロスポーツ選手でも、
トップのアーティストでも
信じられないくらいの挫折を経験しています。

しかし、その挫折から逃げることなく、
自分と向き合い書き出すことができれば、
大きく成長することが可能となります。

決して愚痴っぽくなったり、
人のせいにしたりしてはいけません。

誰かのせいにしたとしても
学べることは何もないからです。

常日頃、自分を俯瞰して見るためにも、
自分の感情を書き出す習慣をつけましょう。

失敗した時の素直な気持ちを書き出すことで、
新しい発見や成長するための、
鍵が見つかるはずです。

もし、これを読んでいるあなたが、
今とても苦しい環境であるならば、
逃げずに見つめることをオススメします。

「この逆境から学べることは何なのか?」

今すぐ答えがみつからなくても、
あきらめず繰り返すことで
新しい視座が見えるようになります。

楽しみながら乗り越えましょう。

堀北晃生

追伸:
大成功する人の多くは「死」に
直面するほどの挫折をした人が多いですね。

「死」を意識すると人間の
本質的なエネルギーが出るため、
大きく飛躍します。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
■堀北晃生(ほりきたあきお)プロフィール

大暴落相場で大損・・・と悔しい思いをしてきた投資家を、最短6ヶ月で「勝率8割・平均10%以上のスキルをマスター」させる投資コンサルタント堀北晃生です。「割安株を見つけるためにいろんな情報を集めたが、思ったように利益を出せなかった」・・・と悩んでいる投資家に、3年間毎月のように成功実績が上がっている実績を元に、「4つのチャートテンプレート」を見るだけで、面白いように利益を出せるようになる「魔法の投資戦略」をお伝えしています。「株式投資で利益を出したいが結果が出ない」や、「塩漬け株から脱却したい」などのお悩みをお持ちの方がいらっしゃいましたら、ぜひ無料WEBセミナーに参加してください。

▼掘北式株価デトックス理論 無料WEBセミナー(空売りが学べます)
http://japan-i-school.jp/jim/hkd_form/

▼ブレイクスルー銘柄コンプリートWEBセミナー
https://trade-labo.jp/tl/horikita_webinar/
━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

関連記事

Pick Up!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。