【警告】大衆は、つねに間違っている

2017.6.13
Share:

From:Mr.K
自宅のトレーディングルームより、、、

おはようございます。
Mr.Kです。

突然ですが、

あなたは、真実に気づいたとき、人と違う行動を取ることができますか?

「大衆は、常に間違っている」

これは、アール・ナイチンゲール(Earl Nightingale)の名言です。

ちなみに、イギリスの看護師で社会起業家のフローレンス・ナイチンゲールとは別の人です。

ーーーーーーーーーーーー
大衆は、常に間違っている
ーーーーーーーーーーーー

世の中一般に成り立つこの真理は、トレードにおいても真実です。

例えば、株価が上がるには、買う人が売る人よりも多い状態が続く必要があります。
(※厳密な議論は今はしません)

しかし、大半の人が買うと、その後はもう、買う人がいなくなってしまいます。

だって、大半の人が買った後なのだから。

よって、大衆と同じタイミングで買っても、買った後に株価はあまり上がりません。

ですから、大衆より一歩先んじなければならない。

その秘訣は、

「長期的な逆張り視点を持ちつつ、
短期的には順張りでエントリーする」

ということです。

「長期的な逆張り視点をもっている」

というのは、つまり、

チャートが上昇しているときに次の下落を考え、
チャートが下落しているときに次の上昇を考えている

ということです。

これは、下手な逆張りエントリーとは全く違います。

早すぎる仕掛けは、失敗するということも、また真理です。

チャートが上昇しているとき、
”そろそろ下がるだろう”
という勝手な予想をして空売りでエントリーするのが
逆張りエントリーですが、

上昇しているときに空売り(FXならショート)
のエントリーはしません。

しないのですが、
次に空売りでエントリーする機会を伺っているのです。

そして、いざチャートが天井に達し、
伸びずにとうとう下落を始めたのを確認して
はじめて空売りで”順張り”エントリーをします。

「結局は順張りでエントリーするのなら、
別に逆張りで観察している必要はないじゃないか!」

と思う人は、どちらかと言うと
人生行き当たりばったりを楽しむタイプ
だと思います。

ですが、トレードはそれではいけません。

下がり始めたときにすぐに空売りでエントリーの
判断ができるためには、
下がり始める前から予想している必要があるのです。

準備しているから、即断即決で行動できます。

また、狙う方向とは逆にチャートが動いているときに
順張りでのエントリーをイメージしているので、

「こうなったら、こうする!」

という先の展開の戦略を
複数パターン想像することになります。

「こうなったら、ここでエントリーする」

という具体的な戦略が複数あれば、

あとは、予想通りの展開になればエントリーするし、
予想通りにならなければエントリーせずに待てます。

自分の予想が当っているときのみエントリーするので、
その後の値動きも予想に近くなる可能性が高くなります。

自分がイメージしたことが実際に起きていれば、
自信をもってエントリーすることもできます。

「先の展開を予測する必要はありません」

という先生がいるかと思えば、

「先の展開を予測することから目をそむけてはいけません」

という先生がいます。

これは一見すると矛盾しているように見えて
混乱している人がいるかもしれませんが、

「先の展開を予測せよ」というのは、
”事前の逆張り予想をして、来るべきときに備えよ”
ということを意味し、

「先の展開を予測する必要はありません」というのは、
”流れが発生してから順張りで乗れ”
ということを意味しています。

そう考えると両方必要ということがわかるのではないでしょうか。

”来るべきときが来る前に準備を整える”

というのは、トレードでなくても成功の秘訣でしょう。

来るべきときに備えておく人だけが、
そのときが来ても来なくても対応できるのです

いつも、エントリーした瞬間にチャートが逆に動く人は、
逆張りの展開予想をしてみましょう。

予め備えておけば、動きが逆になったときに
初動でスムーズにエントリーすることができます。

みんなが観ていないものを探す、
みんなが集まってきたら自分は離れる

最初は仮想トレードでもいいので、
この戦略でエントリータイミングを決めてみてください。

きっと、今まで見えなかったものが
スッと見えてくるはずです。

GOOD TRADE!!

Mr.K

P.S.
あともう数名残り枠があるようです。

世間一般に知れ渡る手法とは一線を画し、
全てのトレードにおける共通原理を知りたいなら、
こちらに参加してください。

https://j-i-s.info/j-i-s/170615_seminar/

関連記事

Pick Up!

【警告】大衆は、つねに間違っているへのコメント

  1. 「長期的な逆張り視点を持ちつつ、短期的には順張りでエントリーする」のアドバイスは以前もご教授おいただきましたが、「長期的な逆張り視点を持ちつつ」の部分は、もやもやでした。今回はばっちり理解できました(”チャートが上昇しているときに次の下落を考え、チャートが下落しているときに次の上昇を考えている”)。大変勉強になりました。
    いつも鋭いアドバスをいただき、どうもありがとうございます。

    1. フォーカズさん、いつもコメントありがとうございます!

      半年ほど前にこの内容の記事を書いたのですが、覚えていてくださっていたのですね。
      大変嬉しいです。ありがとうございます。

      私としては、かなり重要なことを書いたはずが、そのときはコメントがまったくなかったので、
      これは伝わっていないかもしれない、と思い、今回、リメイクいたしました。

      少しわかりやすくなったようで良かったです。

      これからも、本質を知りたいと思っている方のために刺さる記事を書いて行きますので、
      楽しみにしていてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です