新型コロナ相場|含み損の対処

2020.2.4
Share:

From:Mr.K
都内のトレードルームより、、、

ーーーーーーーーーーーーー
本題を急ぎたい方はこちら
ーーーーーーーーーーーーー

シンガポールへの本格移住が
迫っているMr.Kです。

いやー、新型コロナウイルス
予想以上でした。

関連銘柄の急騰初動は

このブログでもお話しした
マナックを筆頭に、

いつもの理論通りで
利益になりましたが、

これほど続くとは^^;
もう少し利益取れましたね・・・

インフルエンザより
感染力が低いと言われている中
明らかに過剰反応。

つくづく、相場というのは
行き過ぎるものだなあと実感。

一方で、そもそも日経平均が
微妙な状況だったので、
ポジション控えめだったために
損は限定的で良かったです。

次回の糧にします、
相場では経験だけが利益につながります。

で、おそらくなんですが、

逆にこのコロナ相場で
大きな含み損を抱えてしまった
という方も多いと思うのです。

なので、今日は
その含み損の対処方法を
解説していきますね。

その前にまず、実際に私が
この2週間をどう立ち回ったのか?

をお話しします、、、

1/20(月)からマナックを中心にコロナ関連銘柄に買いで乗りつつ、

その他上昇銘柄を買い、2914JTなどの下落トレンド銘柄を空売り。

マナックについては、先々週のブログのコメント欄を見ていただくと証拠が残っています。

先々週のブログはこちら
https://j-i-s.info/?p=25401

で、先々週はコロナウイルス関連は大きく利確、上昇銘柄は利確と損切りあり、
下落銘柄は含み益

となりました。

翌月曜日から始まる先週は、そもそも日経平均怪しいぞという予想でしたので
ポジション量をいつもの3分の1にして投資。

コロナ関連は、急騰が続くか微妙と考えていました(甘かった)ので、空売り続行銘柄以外はあまり売買していませんでした。

すると、

コロナ関連がそのまま急騰を続け、それに合わせて日経が全面安に・・・
空売り銘柄は利益が出て少しの買い銘柄は週頭で損切り。

という感じでした。

反省としては、先週、新型コロナ関連にもう少しだけ乗れば良かったということ。

あとは、上がりすぎた銘柄が大変多かったので、

このタイミングで不安要素のコロナウイルスが利確の引き金になると読めれば、空売りをもっと積極的にできたかも、、、

と言う感じです。

全体として、先週は大きな利益を取り逃した感はありましたがまあ、安全トレードなのでこんなものかな・・・

という印象でした。

売買のポイントは、ポジション量のコントロールです。

コロナウイルスでこれほどの急落になることはおそらく読みにくかったはず。

ですから、大切なことは先週に入る前に買いポジションを手仕舞うということができたか?
ですね。

先々週の金曜日時点は、月曜日時点と比べて明らかに上昇の勢いが減退していましたから、

「今、攻めるときではないな」

と判断して、休みに入るということができたら、全体として大きくプラスだったでしょう。

一方で、

先週、買いポジションを外せず急落に巻き込まれてしまったら、どうすればいいのか、、、?

そのご質問に回答します。

ーーーーーーーーー
■含み損の対処方法
ーーーーーーーーー

まず、セオリーとしては損切りすべき、なのですが

ちょっと資金に余裕がある人は、今回の場合は例外的に、銘柄によっては様子を見た方が良いと思います。

というのも、ちょっと過剰反応しすぎている気がするんですよね。

ということは、あくまでイメージですが、週足を見て上昇トレンドの銘柄なら、コロナウイルス関連の銘柄の急騰が終わって、下落してきたら、それまで急落していた銘柄の株価は戻る可能性が高いと思うのです。

ただしこれはあくまで、先々週の金曜日まで上昇中だった銘柄の場合です。

もともと下がっていた銘柄や、伸び悩んでいた銘柄は、今回のコロナイベントで急落した場合、資金が戻ってくる可能性がさらに下がったと考えて損切りが良いでしょう。

で、私のCLEAR TRADE理論をしっかり学んだ方ならわかると思うのですが、

そもそも、含み損というのは含み損ではないし、含み損を切っても1円も損しないので損切りに躊躇することはありません。

ただ、そうは言っても理解できなかったり、抵抗があったりする方もいらっしゃると思います。

そんなあなたは「半分だけ損切りする」ことをおすすめします。

銘柄を半分にするのではなく、保有している銘柄の株数をすべて半分にするということです。

半分を切ることによって、資金と心に少し余裕が生まれます。

この余裕というのがとても大切で、平常心を取り戻すことは投資家に取って必須のスキルです。

で、半分切ってできた資金をどうするかですが、いきなり別の銘柄を買いにいくことはオススメしません。

機を待ちましょう。

よくわからない相場で投資対象を無理やり探すのではなく、もっと簡単な相場になるのを待つのです。

奇しくも、今週・来週は決算発表ラッシュです。

チャンスの銘柄がたくさん現れますから、四半期決算発表の翌日に良い動きをしているものを見つけて、少しずつ資金を配分していきます。

で、利益が出たときに、損切りと合わせてしていきましょう。

この対処法は、以外と数学的にも正しい手法ですので、やってみていただければと思います。

ただ、もちろん正攻法は、未来の値動きを読めるようになることですけれどね。

上がる銘柄がわかるなら、含み益だろうが含み損だろうが関係なく、保有している銘柄を手放して、これから上がる銘柄に資金を移すことができますので^^

悩みやご相談あれば、コメント欄にどうぞ。

それから、売買動画を再開しました。

(前半)売買動画再始動

(後半)テンバガーの売買

それではまた次回。

GOOD TRADE!!

Mr.K

P.S.
未来を予測するためには
どんな思考が必要か知っていますか?

昨年の回からパワーアップした
エントリーの必須条件をお伝えします。

明確な答えが欲しい人は
セミナー内容の詳細をご覧ください。

http://japan-i-school.jp/jim/seminar_le2002/

関連記事

Pick Up!

新型コロナ相場|含み損の対処へのコメント

  1. 含み損株を複数塩漬け保有しています。損切りして優良株への投資に回すべきとありますが、資金に余裕あれば塩漬けそのままで新規購入しても良いのでしょうか?

    1. 塩漬けそのままで新規購入するよりも、塩漬けを切ってから新規購入する方が断然良いです。

      変な例え話(男性目線で恐縮です)ですが、同棲していた彼女とうまくいかなくなって、ひとまず浮気をして乗り換えタイミングを待つ、みたいな状態なんですね。(恋愛に例えると最悪な奴ですが^^;)

      同棲している以上、固定費がかかり続けるし精神的な負荷もかかり続けます。2人の女性と同時にお付き合いすることで、愛情半分ずつで雑な対応になってきたりもします。もちろん、彼女との関係を残しながら次の女性とお付き合いしたい気持ちはわからないでもないです、要するに「可能性を残しておきたい」という思考でしょう。

      しかし、大抵の場合、そういう状態で選んだ「次の女性」は、言葉は悪いですが、埋め合わせ的な目的で選んでしまっていたり、心の安定を欲しているだけだったりして、相手にも失礼なことが多いです。(例え話ですよ、株式投資で言えば、とりあえず含み損をカバーしたいという欲求で選んだ銘柄は、銘柄選定が適当になりやすいという意味です)

      ですから、今の彼女とうまくやる方法を真剣に考えるか、すっぱり別れを告げて次に行くかの方がよいのですが、慣れない方は、数学的にリスクを分散するために、前のポジションを半分損切りして、それで浮いた資金を次に回すということが現実的にはありますよ、ということです。

  2. 重松製作所が売れなくて困っています。
    このまま売れない様なら保持するのもありかとは思うのですが、マスク関連はまだコロナが収束してないですし、品薄状態なので上がる可能性ありますか?

    1. 重松製作所が売れなくてお困りということは、月曜日に買ったということでしょうか?

      率直に言うと、これは完全にエントリーが遅いですね。。次回以降に活かしましょう!

      で、この場合、私なら確実に即座に損切りします。多少戻る可能性はあるにしても、それ以上に、急騰のスタート地点まで急落するリスクが大きいです。利益確定の連鎖による成行売りの殺到が起きる可能性があるということですね。

      もちろん、戻る可能性もなくはない(10%くらいでしょうか)ですが、そのリスクに資金をつっこむなら、残っている資金をもっと安全で可能性の大きな銘柄に移すことで挽回することを選びます。

      ご参考まで(売買を推奨するものではありません。個人のご判断にてお願いします)

  3. クリアートレードの申込。1月31日締め切り、申し込みを逸しました。4364マナックと重松のことがありますが 揚げ足が早くまた下降も早いですね。この動きとても怖いです。このような恐怖指数が高いときよくはこう相場になりますね、森を見ずして気をみる。今回の木はマスクとウイルス関連めいがらですね。ミスターK先生お勧めの窓開け白坊主に飛び乗り後は少しずつ売り逃げですね。山高ければ 谷深しのごとく。レベル1の入門希望者・

    1. コメントありがとうございます!
      私の理論は、基本的に4ヶ月に1度程度しか入門の受付をしないので次回の募集のときには最初に申し込みをいただければと思います。出遅れて機会損失をする性格は投資では致命傷です^^

      コロナウイルス銘柄は、先々週で完全に終了でそれ以降は一切触っていない、という状況であるべきです。人より一歩早く乗り、乗り遅れたら次を待つ。これが大事です。初心者でいらっしゃるということですので、くれぐれも大きなポジションを持たないようにしてくださいね。資金を減らすのは簡単です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。