機関投資家が見る重要指標とは?

2018.11.21
Share:

From:奥村尚
グランドケイマンのホテルより、、、

おはようございます。

今、カリブ海、グランドケイマンにいます。

20年ほど前になりますが、
ソロモンスミスバーニー証券(現シティ証券)と
ジョイントして仕事したことがあります。

世界的な投資銀行ですが、本社がニューヨークではなく、
ケイマン島ジョージタウンであった事にびっくりしました。

そう、ここは、タックスヘイブンの本拠地。

世界一の租税回避地であったのです。

現在は金融当局と協力体制にあり、
当時ほど節税できるわけではありませんが、

すぐ近くの国パナマもタックスヘイブンの名所であり、
パナマ文書で暴露された口座開設者が
日本にも多数いたことは、記憶に新しいところですね。

さて、今回は、インデックスに関する
話題に触れたいと思います。

インデックスとは、ここでは株式指数のことです。

日本株だと、日経平均、
TOPIXがよく普及しています。

頻繁にTVでもニュースされるので
子供でも知っている指数ですね。

日本株に限らず、指数はその市場の株式が
どの程度上がったか、下がったかをみるとき、
指標にするものです。

日本株であれば日経平均やTOPIXをみればわかる。

米国株であればNYダウが、
英国であればFT100が、
独であればDAXが、
フランスならCACが

と多少勉強した人なら、
スラスラ出てくる事でしょう。

ここで質問です。

では、世界の株式全体の動向を
示す指標は、何でしょうか?

…..

答えは、MSCIです。

機関投資家で、この指数を
知らない人はいません。

サクッと答えられた方は、
グローバルな投資を実践しているか、
金融業界で実務に携わった方ではないでしょうか。

MSCIは、モルガン・スタンレー・
キャピタル・インターナショナルの略です。

もともと、米国のキャピタルインターナショナル社
(本社ロサンザルス)が、1960年代に米国国外の
市場をみるための指数として、

同ジュネーブ支社と開発した指数でした。

ジュネーブ支社は本社から独立後も
指数を発表していましたが、

その後モルガンスタンレーに買収され,
MSCIと命名された経緯があります。

2007年、MSCIはNYに上場する事になり、
その時にモルガンスタンレーは、
所有株式を全て売却しました。

今は資本関係がないのですが、
MSCIは、既に知名度が抜群であったため、
今でもMSCIと名乗っています。

MSCIのインデックスは、
先進国の株式の上がり下がりを示す基準として、
ほぼ全ての機関投資家に普及しています。

年4回、構成銘柄が定期的に
入れ替えられますが、
11月はその月にあたります。

MSCIは、複数のサブインデックスがありますが、
今月日本株で採用されるのは4銘柄、
除外されるのは4銘柄です。

採用
3064 モノタロ
3141 ウェルシア
7747 朝日インテック
7956 ビジョン

除外
6592
7240
7779
8804

機関投資家がファンドを運用するとき、
かならずMSCIを意識します。

MSCIに連動する投資信託も多く、
採用された銘柄は、業績がどうであれ、
買われる運命にあります。

つまり、株価が上がりやすくなります。

株価に対するインパクトは計算できますが、
やや複雑なので割愛しますね。

ただ、新規採用銘柄は、その後2か月程度、
数%ですが他銘柄より上がる傾向があります。

銘柄選定をするとき、
少しばかり役に立つでしょう。

では、また次回をお楽しみに

奥村尚

<編集部のオススメ>
FXでなかなか結果が出ない方に
絶好の機会となる場をご用意しました。

1年間に億稼ぐプロが、
初心者のうちからやっておくべきノウハウを
凝縮してお伝えします。

あと2名のみご参加いただけますので、
お申し込みはお急ぎください。

http://japan-i-school.jp/jim/181124_kujira/

The following two tabs change content below.
奥村尚
奥村尚
・ジャパンインベストメントスクール講師 ・マーケット アナリスト ・マーケットの魔術師 20兆円もの運用資産をもつ米国大手ヘッジファンド株式投資部門スーパーバイザー、自身も日本でヘッジファンドを主宰。日本証券アナリスト協会会員。 1987年、都立大学大学院工学研究科修了(テーマは人工知能)。日興証券入社。投資工学研究所にて、数々の数理モデル開発に携わる。スタンフォード大学教授ウィリアム・F・シャープ博士(1990年ノーベル経済学賞)と投資モデル共同開発、東証株価のネット配信(世界初)なども手掛ける。 2000年 東証マザーズ上場第一号のインターネット総研で金融事業を統括。 2002年 イスラエル天才科学者とベンチャー企業設立、人工知能技術を商用化し空港に導入。 2004年以降は、金融業界とIoT業界の交点で活躍。最先端の人工知能とアナリストの相場適応力を融合させた投資モデルMRAを完成し、内外の機関投資家に提供する。この投資手法は、最低25%/年以上の収益を「MRAを使う誰にでも」もらたしている(一度も元本割れなし)。 2015年 個人投資家へMRA情報提供開始、さらに投資塾を通してお金の知識を広め、ゆたかな生活の創造に貢献している。 趣味は、オーディオの機械いじり。ワインやウィスキーをたしなむこと。スポーツも好きでスキー、スケートは自称特級(そんなものはない)、エアロビック競技を10年ほどやっている(NAC マスター男子シングル 9連覇中、2014-2016日本選手権千葉県代表)。ただし、「かなずち」であり、球技も苦手である。

関連記事

Pic Up!

機関投資家が見る重要指標とは?へのコメント

  1. アメリカのヘッジファンドとトランプ大統領と高橋先生とお父さんと西川さんのせいでー120万になった。邪魔するやつがいると過去の通り行かない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。