ケイマン諸島の主要産業

2018.11.28
Share:

From:奥村尚
グランドケイマンより、、、

おはようございます。

いきなりですが、イグアナをどうぞ。

いま、ケイマン諸島に来ています。

カリブ海に位置する英国領です。

この季節にして暖かい、
と言うより暑いんですが、

きれいな海に囲まれ、
海水浴やダイビングスポットと
なっているようです。

ブラックケイマンという島は、
かつて海賊が本拠地としていた島と言われ、

大量の金銀財宝が隠されているイメージから、
宝島のモデルとなりました。

イグアナも生息しています。

この地域の主要産業は金融です。

税金が免除される制度をもっているため、
生保や銀行の本店所在地の
メッカとなっています。

私が以前仕事をしていた
投資銀行の本社もここでした。

口座情報の隠匿性も高く、
ペーパーカンパニーを作ると、

お金の目的を隠匿することも
(かつては)容易にできました。

山一証券は損失を隠すため、
ペーパーカンパニーもケイマンに作りました。

裏金処理は社長が一部の実務トップと
口裏を合わせて処理すると、
誰にもわからなくなるものです。

いま、日産のニュースが
世界中で注目されています。

こうした地域に別会社をつくり、
裏金を動かしていたとしたら、
解明は、当事者が口を割らないと難しいでしょう。

この問題の解明は長引くかなぁ、

と思いながら、
ここでのリサーチをしているのでした。

では、また。

奥村尚

<編集部のオススメ>
今以上に視野を広げて、
自分に合った投資法を選びたい方へ…

幾多のノウハウを持つ専門コーディネーターが、
日本人の99%が知らない
極上の投資案件をお教えします。

10名様限定のため、
貴重な情報を得たい方はお急ぎください。

http://japan-i-school.jp/jim/kihara_181203/

The following two tabs change content below.
奥村尚
奥村尚
・ジャパンインベストメントスクール講師 ・マーケット アナリスト ・マーケットの魔術師 20兆円もの運用資産をもつ米国大手ヘッジファンド株式投資部門スーパーバイザー、自身も日本でヘッジファンドを主宰。日本証券アナリスト協会会員。 1987年、都立大学大学院工学研究科修了(テーマは人工知能)。日興証券入社。投資工学研究所にて、数々の数理モデル開発に携わる。スタンフォード大学教授ウィリアム・F・シャープ博士(1990年ノーベル経済学賞)と投資モデル共同開発、東証株価のネット配信(世界初)なども手掛ける。 2000年 東証マザーズ上場第一号のインターネット総研で金融事業を統括。 2002年 イスラエル天才科学者とベンチャー企業設立、人工知能技術を商用化し空港に導入。 2004年以降は、金融業界とIoT業界の交点で活躍。最先端の人工知能とアナリストの相場適応力を融合させた投資モデルMRAを完成し、内外の機関投資家に提供する。この投資手法は、最低25%/年以上の収益を「MRAを使う誰にでも」もらたしている(一度も元本割れなし)。 2015年 個人投資家へMRA情報提供開始、さらに投資塾を通してお金の知識を広め、ゆたかな生活の創造に貢献している。 趣味は、オーディオの機械いじり。ワインやウィスキーをたしなむこと。スポーツも好きでスキー、スケートは自称特級(そんなものはない)、エアロビック競技を10年ほどやっている(NAC マスター男子シングル 9連覇中、2014-2016日本選手権千葉県代表)。ただし、「かなずち」であり、球技も苦手である。

関連記事

Pic Up!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。