500万が5年で2000万に・・・

2015.11.16
Share:

From:不動修太郎
都内の自宅より、、、

写真1_連邦議会ビル

上の写真は、クアラルンプールに
14世紀に建てられた「連邦議会ビル」です。

私は、2001年迄の6年間マレーシアの首都、
クアラルンプールに住んでいました。

そのマンションの隣は、宗教的、歴史的に
結びつきが強いサウジアラビアの大使館。

その2つ先のブロックには
アメリカ大使館があり、その
また隣が日本大使館でした。

そういう環境なので、当時住んでいた
街中に近いマンション(コンドミニアム)の
住民は大使館職員、日系、欧米系の
企業の赴任者が主体でした。

今は、そのマンションには韓国系、
中国系の会社員の住民が増え、
加えて日本人定年退職者が
沢山住むようになっています。

マレーシアには、
マイセカンドホーム・プログラムという
長期滞在者の優遇制度があります。

そのプログラムには
就労時間に厳しい制限があるのです。

ですから定年退職した人達が対象になり、
多くの日本高齢者がそのプログラムを活用しています。

私は仕事で今でも年に何度も
マレーシアに行っていますが、
郊外に沢山の建設中のオフィスビル、
マンションを目にします。

一方で、クアラルンプールに住んでいた頃に
私のマンションのすぐ隣に建設中だった
マンションが7割ほど完成した所で
工事が中止になり、廃墟になりました。

マレーシアでは建築が始まった
段階でテナント(入居者)を募集します。

そして入居者が集まらないと建設業者が
倒産する事が多く、その建物は建築中に
放置されてしまうことも多いのです。

写真2_KLツインタワー

こちらはクアラルンプールの
ペトロナス・ツインタワーです。

マレーシアでは、今でも
平均給与が上がっているし、
人口がどんどん増えています。

ですから一部のコンドミニアムの
価格は上がっています。

私の先輩が500万円で買ったマンションは、
5年で2000万円程の評価額に
跳ねあがりました。

ですから不動産の
需要が増えていることは
間違いありません。

その一方で、マレーシアでは
不動産の需要を上回るスピードで
供給が伸びています。

ですから、
値段が高くなるマンションがある一方で、
工事が中断する物件も多いのです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

これは、マレーシアのペナン島に
あるアジアで最も古いカトリックの教会

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こちらもペナン島の
湾岸のリゾートホテル。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

同じく湾岸のマンション。

需要に対して
供給が少なければ、
価格は上がります。

逆に需要が少ないのに
供給が多くなれば、価格が
下がる傾向になります。

これが市場の原理ですね。

例として、ダイヤモンドは採掘量、
つまり供給が少ないので、値段が高いです。

また東京の銀座の土地は歩いて
回れるほどの広さであり、
広がることはありません。

ですが、
銀座で商売をしたい人が
とても多いので、値段が
下がりにくいのです。

一方のマレーシアは、大都市といえども
ジャングルに囲まれています。

その気になれば、いくらでも
土地を広げ、マンションを
建てることが出来るのです。

そのために需要が多くても
それを上回って供給が増える
可能性があります。

東証一部の投資家を調べてみた所、
売買高ベースではおよそ7割が
「外人」と言われる、海外の投資家でした。

このように投資マネーの
動きが国際化しています。

ですから、
途上国の景気が怪しくなれば、
その資金はさっとその国から
引き上げられ、別の国に投資されます。

その場合は先進国に
投資されやすいです。

このように、投資マネーの
動きは国際化しています。

専門用語では
「資金の流動性が高くなった」
と言いますね。

そのため、
最近の株、債券などへの
投資マネーは昔と比べて
逃げ足が速くなっています。

ですから、日本の株を買うにしても
世界的なお金の流れをしっかりと
見る必要があります。

不動修太郎

 

今日も記事を読んでくださって
ありがとうございます。

こういう視点も投資には必要です。

一人でも多くの方のトレードに
役立ちますように、今日もクリックお願いします。
↓↓

関連記事

Pick Up!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。