【教えその75】対人関係はあなたを映す鏡です(前編)

2020.5.14
Share:

 

From:大富豪の弟子チーム

東京のプライベートオフィスより、、、

 

こんにちは、

大富豪の弟子チームです。

 

社会生活を送っていると、

どうしても人間関係で悩む場面に出くわしてしまいます。

 

・誰かに裏切られたり、傷つけられたり…

・夫や妻をうとましく思ったり…

・なんでこんな上司の元で働いてるんだと感じたり…

 

やるせない気分になることも多いです。

 

私は全ての人間関係に恵まれている!

なので、とっても幸せだ!

 

という人は、これ以上続きを

読まなくていいですが、

 

自信を持ってそう言える人は

なかなかいないはずです。

 

(かくいう私だってそうです)

 

そこで今日は、

対人関係をより良くしているための方法

 

特に、よりレベルが高く、

より自分にとって望ましい人と

付き合っていくにはどうすれば良いのか?

 

ということについて

考察していきたいと思います。

 

<まずはじめに、超重要なマインドセット>

 

が存在します。

 

それは、、、

 

あなたの周囲の人はあなたを映す鏡である

 

ということです。

 

平たく言うと、

あなたと付き合う人は、あなたと同じレベルの人

さらに言うと、“同族”であるということです。

 

これを大前提としてマインドセットするだけで、

かなり状況は明るくなっていきます。

 

・自分のまわりはなんてレベルが低いんだ

・なぜ上司(部下)はこんなにバカなんだ

・ロクでもない人ばかりにつきまとわれる

 

裏返すと、すべて自分(あなた)自身も

同じ性質を持っているということです。

 

(ちなみに、このことを自己啓発の世界では、

 「鏡の法則」と呼んだりするそうです)

 

ただし、これは大変に受け容れ難いことだと思います。

これが事実だなんて、認めたくもないと思います。

 

はじめてこの考え方に触れた時、

あまりに衝撃的で、頭がクラクラしたのを

今でもよく覚えています。

 

ですが、往々にして、

受け容れ難いこと、心に負荷がかかること

目を背けたいことに限って盲点ー

 

つまり、本質であるという

この世の真理が存在しますので、

 

これを受け容れることは

大いなる前進だと私は考えています。

 

(なので、グッと歯を食いしばって

 受け容れてみてください)

 

自分が嫌な人、自分を困らせる人が

実は自分と同族だったことを知ると、

そこからは驚くほど簡単に状況が改善していきます。

 

「あの人の、ああいうとこが嫌だな〜

 “でも、自分にもそういうとこがあるよな”

 

そう思って、反面教師にすることができるからです。

 

私たちの脳は、これは学びになると

認識したものに対しては、とてつもない勢いで吸収します。

 

もちろん、逆もまた然りです。

 

嫌な人から学ぶという行為は、

実は大いなる成長を私たちにもたらしてくれるのです。

 

(成功者がよく、失敗からの方が学びが多いと言うのと同じです)

 

このことを、それこそ心の奥から、

真に理解すると、かなり道は拓けてくると思います。

 

そしてもう一つ。

 

私たち人間も、大きなくくりで捉えると

物体(物質)であるわけですから、

当然、物理的法則が当てはまります。

 

私たちの対人関係は、

「振動・波動論」という物理的概念を用いて解釈すれば、

非常にわかりやすく、腑に落ちます。

 

波動論をざっくりと説明すると、

この世の物体は、すべて固有の波動を持っており、

近しい波動の物同士は共鳴し、引かれ合うという物理的性質があります。

 

「波動」というフレーズが、スピリチュアル的に思えて

抵抗があるという方は、波動ではなく、

「周波数」という言葉に置き換えてみてください。

 

(物理学的には同義です)

(逆にスピリチャルな話が好きな方は、

 引き寄せの法則の原理だと思ってください)

 

ちなみに、波動論をよりアカデミックに解説すると

超ひも理論や複雑系など、かなり難解な分野に話が及びます。

 

個人的には大好きなテーマですが、

このブログで語りたいことの趣旨と

かけ離れてしまうため、ここでは割愛します。

 

あくまでざっくりと、「波動」というものが存在し、

近しい波動同士が共鳴すると理解できればOKです。

 

で、ここからの考え方が

重要かつ、大変興味深いのです。

 

前段で述べたとおり、

私たち人間の身体も物質である以上、波動を発しています。

 

それと同様に、各々の思考や感情も

固有の周波数=波動を発しています。

 

少し想像しにくいかもしれませんが、

そのことを、私たちは日常的に経験しています。

 

たとえば、部屋に明るく元気な人がやってくると

急にその場の空気が華やいで感じられたり。

 

あるいは、部屋の中にいる

誰かが落ち込んでいたらひどく空気を重く感じたり。

 

また、そこに音楽が流れてくると

突然空気が変わったり。

 

誰かが冗談を言うと場の雰囲気が

すごく軽くなったり、といったようなことです。

 

この世に存在するあらゆるものは、

固有の波動を持っています。

 

そして波動が近いもの同士は、互いに共鳴し、

また組み合わせによっては、その波動をさらに増幅させたり、

逆にその波動を打ち消したりすることができます。

 

もしあなたが対人関係に悩んでいて、

それを改善したいと思っていたとして、

 

やるべきことのステップ1が、

鏡の法則を理解することだとすると

 

ステップ2は、良い波動を発する

(波動を高めると言ったりもします)

ということになります。

 

この2ステップを踏めば

間違いなく人間関係は改善するどころではなく、

劇的に良好になります。

 

なぜなら、これが対人関係に

おける本質だからです。

 

では、どうすれば波動を高めることができるのか?

 

長くなったので、

続きは来週のブログでお伝えしたいと思います。

 

ー大富豪の弟子チーム

 

<編集部のオススメ>

メンタルに左右されないトレードができます。

 

含み益や含み損が抱えている時も、

感情でトレードしないために

すぐできる実践方法をまとめました。

 

以下のWEBセミナーで公開します。

http://japan-i-school.jp/jim/seminar_onle05/

関連記事

Pick Up!

【教えその75】対人関係はあなたを映す鏡です(前編)へのコメント

  1. はい、ありがとうございます、私は、いつも楽しみにしています、人生は死ぬまで勉強だなーと思います、70歳ですが、楽しみに待っています宜しくお願いいたします。

  2. とても興味深く読ませていただきました。
    自分の日常でも、なるほどと思うこと多々ありました。

    これからは、鏡の法則と波動を高める意識を常に持っているようにしたいです。

    本日はありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です