待て。○○なエントリーはするな!

2020.7.20
Share:

From:Mr.K
新しい書斎より、、、

 
日経平均もS&P500も
上がっていきそう、、、
 
そんな状態に
普通なら見えます。
 
しかし、
 
早とちりは厳禁です。
焦らないこと。
 
株式投資における
最高のエントリーポイントに
共通しているのは、
 
エントリーするのが
少し怖い、、
 
そう感じる場面である
ということです。
 
これは逆張りを勧めている
わけではもちろんありません。
 
順張りでも同じです。
 
普通に考えて安心感が
ありすぎるときは
大抵、暴落の手前なのです。
 
というわけで、
私はあえて、、、
 
このタイミングでは相当慎重になることを選択しています。
 
買いで入るなら、今こそ、いつ暴落しても大丈夫な「計画」をしっかり立て、シミュレーションをしたうえで入ります。
 
このシミュレーションというのがものすごく大切です。
 
CLEAR TRADE理論では、「エグジットに困るエントリーはするな!」という鉄則があります。
 
自分の予想通り、思い通りに価格が動いた場合にどう立ち回るのかを想像する人は多いのですが、
 
基本的にうまくいった場合にすべきことと言えば、「放置すること」ですので特に考える必要はありません。
 
それよりもはるかに大切なことは、うまくいかなかった場合のシミュレーションです。
 
考えたくもないことだと思いますし、エントリーする前に損することを考えるだなんて縁起でもない、、と思うかもしれません。
 
でも、これは私が投資家として一つレベルを上げた重要なポイントなので強調しておきます。
 
うまくいかなかったシナリオを複数考えましょう。
 
空想するだけではいけません。
 
「こうなったらどこでエグジットする」ということをメモで残してからエントリーしましょう。
 
そうして、もしも本当にその”悪い”シナリオが当たってしまったときは、そのときになって対応を考えるのではなく、過去の自分が記したメモに従ってクールに計画通り執行するのです。
 
これはかなり重要なことです。
 
エグジットで悩むのは三流もいいところです。
 
トレード以外でも同じですよね。
 
何かに挑戦するとき、本当に突き抜ける人は、いついつまでにここまでいかなければ止める、と一旦決めて死に物狂いで目標達成を目指すと思います。
 
特に事業ですからね、トレードは。
 
エグジットというのは、勝っても負けてもゴールです。
 
別に勝たなければいけないゴールでもありません。
 
複数回トータルで勝つのが重要であり、一回一回のトレードのゴールは、決して勝つことではないのです。
 
ゴールが不明確な挑戦は大成しにくいし、無駄も多いし、悩みも不安も必要以上に膨らみやすいと思います。
 
さて、私はまだ、レンジ抜けを判断するには早いと思っています。
 
しかし、明確なゴールが決められるならもちろんエントリーもいいでしょう。
 
あなたの戦略やいかに。
 
それではまた次回!
 
GOOD TRADE!!
 
Mr.K

追伸:
トレードは明確にルール化することで
マイナスだった結果がプラスに変わります。

では、どんなルールを採用すべきか?

圧倒的な実績を出し続けた、
世界的に優れたトレーダーの回答を
こちらで公開します。

※1回しか開催しないので見逃し注意:
http://japan-i-school.jp/jim/semifinal_le07/

関連記事

Pick Up!

One thought on “待て。○○なエントリーはするな!

  1. 「何かに挑戦するとき、本当に突き抜ける人は、いついつまでにここまでいかなければ止める、と一旦決めて死に物狂いで目標達成を目指す」
    「ゴールが不明確な挑戦は大成しにくいし、無駄も多いし、悩みも不安も必要以上に膨らみやすい」
    逃げ道を閉ざし、背水の陣で前進することのみに集中していきたく思います。
    実トレードを始めてから、二ヶ月半が経ち、今まで気がつかなかった自分の癖や弱さに気づかされる事も多いですが、それを含めて前進しながら多くを学べている現状にとても充実感を感じています。
    実トレで研鑽を重ね、多く悩み、考察する中で、先生のコラムを改めて復習した際に今まで何度も読んでいたはずなのに、ああ、これはこういう事だったんだなと改めて気づかされる事が多いです。
    夢の実現への道は彼方に見えていても、その道は森の中に隠れていたり、時に崖や川に阻まれて容易に進めなかったりする。到達するための道は予め用意されてるわけではない。だからこそ、自ら精一杯道を作り切り開いていく。
    これからもさらにモチベーションを高めながらゴールを目指したく思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です