負けの感覚が麻痺してきたと思うなら…

2017.5.24
Share:

From:奥村尚
東京のオフィスより、、、

おはようございます。

奥村です。

いきなりですが、
投資というのは先が不確実な市場における意思決定を伴います。

その中で1960年代から学問として研究が本格的に始まりました。

それまでもいろいろな研究はあったのですが、
データ元が紙だったので

局所的だし不正確であったり、
頻繁な戦争などで市場が大きくゆがめられたり、

そもそも学会も立ち上がっていなかったりで、
正しいとか間違っているとかの追証ができなかったのです。

その後10年くらい研究が進んで、70年代には、
すっかり証券市場の特性は明確に示され、

合理的に意思決定する場合と、
そうでない場合の結果は大きく差が出る事が示さました。

当たり前ですが、
全ての投資家が常に合理的に機械的な判断をできるわけではないので、
ここがウィークポイントになり、
結果的にマイナスを生む要因となっていたのです。

しかし、1980年代からは、
そのウィークポイントにメスが入れられました。

心理学者が人間が示す行動と見通しに関して解明を始めたのです。

その最初の論文がこれです
(プリンストン大のサイトです。好きな人はどうぞ)。

プロスペクト理論と呼んでいます。
http://www.princeton.edu/~kahneman/docs/Publications/prospect_theory.pdf

その後もさらに研究が進み、人間は
なるべく堅実な方を選択する事が実証されました。

(この成果で、2002年にカーネマンが心理学者としては
 初めてノーベル(経済学)賞をとりました)

なるべく堅実な行動とは、このようなことです。

たとえば、株式相場で、今1株100円(評価上)もうかっているとき、
まだまだ上がると思い売却はしない人がいるとします。

同じ人が、今1株100円損しているときに、
これ以上、下がると大変だと思い損切をするようなケースです。

ですが、金額が大きくなると、
その価値は麻痺する事も説明されました。

たとえば、1株100円ではなく、
1000円(評価上)得した時に、
もう1000円上げたところで、
もはやその人にとって価値は2倍ではなく、
1.5-1.6倍くらいなのです。

この理論では、大きく負けた人の価値も示されました。

要するに、最初は
100ドル損した程度でも「損した!」と
思ってた人も、

大きく負け初めて1万ドル損した時、
もう100ドル損する程度はヘでもなくなっているという事です。

この理論を用いて投資家はどう行動し、
何に、いつ投資するのが良いのか’
という答えはまだ見つかっていません。

まだまだ研究中の分野ですが、
人工知能を用いた投資において、
人間を説得したり、投資をあおったり、

あるいは、なぐさめる癒しコンピュータとしては
大いに役割があると考えています。

このように市場を人間心理として見ると、
やはり高みからその心理を把握できるものが
利益も得ることが分かると思います。

みなさんが投資がうまくいかない場合、
意外にも「人間心理」が作用し、
理論的に読まれやすい行動をしていないか、

という観点にも
注意する必要がありそうですね。

それではまた来週お会いしましょう。

奥村尚


<編集部のオススメ>
あなたが「億」を手にするような
トレードに近づけないのは、
実は『明確な理由』がありました。

ほとんどの個人投資家が知らない
悲しい相場の裏側を知りたいという
勇気のある方だけご参加ください。

https://j-i-s.info/j-i-s/nikkei225_170526/
※明後日の開催となります。
興味のある方はお早めにお申し込みください。

関連記事

Pick Up!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。