じつはシリア攻撃の背景には…

2018.4.18
Share:

From:奥村尚
トルコのホテルより、、、

おはようございます。

今週からトルコに滞在しています。

丁度、先週末に大きくニュースで報道された、
シリア問題の隣国ということになります。

このシリア爆撃の前に、4月に入って世界で大きく
取り上げられたニュースがあります。

トルコ、ロシア、イランの3か国間での
シリアの将来へ向けた会議が開催されたのです。

私の知る限り日本でほとんど報道されていません。

4月4日にアンカラ(トルコの首都)で、
シリアの新憲法の起草をはじめとする、
今後のシリア統治に関する調整が始まったのです。

これは、第二次世界大戦終盤におけるヤルタ会談と似ています。

ヤルタ会談では、戦後のドイツや日本の
領土分割や統治に関して、米英ソの
3か国の利害関係を事前に調整した会議でした。

このような重要な調整がアンカラでスタートしたのですが、
その会議は欧米抜きで進められたものであったため、

余計に世界的には大きなニュースとして伝わったのです。

そのような会議を、欧米を抜きに行う(=シリア問題を
欧米抜きで勝手に決める)事は許さない、

という意思表示も今回のシリア攻撃の意図
あったと考えることができるでしょう。

ロシアとイランは共同で今回の英仏米の攻撃を
非難しましたが、アンカラ会議のメンバーだったわけですね。

ところで、昨年4月のシリア攻撃は
米国単独行動でしたが、今回は英仏も参加しました。

仏は、シリアを植民地支配していた事があり、
昔から深い関係があります。

英は、自国で起きたロシアスパイの暗殺未遂事件の件で
ロシアと対立している最中で、いち早く英を指示した
米仏との共同歩調を見せたかった理由があります。

こんな背景があって、今回の事件があったのだろう、
といろいろな世界ニュースから読み取ることができます。

いずれにしても、
この事件を受けた週明けの日本の株式相場は、

結局何もなかったかのような平和なスタートでした。

下手をすると大きく相場を動かすような、
つまり猛烈な円高と株安があったかもしれない
重要なイベントを終え、

一段落した感があるのは間違いありません。

相場にとっては、
良いことだったと思います。

奥村尚

<編集のオススメ>
失敗したくない初心者の方には必見。

たった3時間後には相場の仕組みと
勝つためのプロセスを得て、

帰り道にスマホで楽しそうに
チャートを確認するあなたを
想像して下さい。

http://japan-i-school.jp/jim/akita_180424/

The following two tabs change content below.
奥村尚
奥村尚
・ジャパンインベストメントスクール講師 ・マーケット アナリスト ・マーケットの魔術師 20兆円もの運用資産をもつ米国大手ヘッジファンド株式投資部門スーパーバイザー、自身も日本でヘッジファンドを主宰。日本証券アナリスト協会会員。 1987年、都立大学大学院工学研究科修了(テーマは人工知能)。日興証券入社。投資工学研究所にて、数々の数理モデル開発に携わる。スタンフォード大学教授ウィリアム・F・シャープ博士(1990年ノーベル経済学賞)と投資モデル共同開発、東証株価のネット配信(世界初)なども手掛ける。 2000年 東証マザーズ上場第一号のインターネット総研で金融事業を統括。 2002年 イスラエル天才科学者とベンチャー企業設立、人工知能技術を商用化し空港に導入。 2004年以降は、金融業界とIoT業界の交点で活躍。最先端の人工知能とアナリストの相場適応力を融合させた投資モデルMRAを完成し、内外の機関投資家に提供する。この投資手法は、最低25%/年以上の収益を「MRAを使う誰にでも」もらたしている(一度も元本割れなし)。 2015年 個人投資家へMRA情報提供開始、さらに投資塾を通してお金の知識を広め、ゆたかな生活の創造に貢献している。 趣味は、オーディオの機械いじり。ワインやウィスキーをたしなむこと。スポーツも好きでスキー、スケートは自称特級(そんなものはない)、エアロビック競技を10年ほどやっている(NAC マスター男子シングル 9連覇中、2014-2016日本選手権千葉県代表)。ただし、「かなずち」であり、球技も苦手である。

関連記事

Pic Up!

One thought on “じつはシリア攻撃の背景には…

  1. 奥村先生 いつも深く広い知見をご披露下さりありがとうございます。
    アンカラ会議のことは知りませんでした。
    米英仏によるシリア攻撃の意味するところ、よく理解することができました。
    トランプ大統領のツイッターだけでは見えてこないこともあるのですね。
    (トランプ大統領も言いたい放題のように見えてそれだけではない。心に留めておきたいと思います。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。