VAT←なんのことか分かりますか?

2015.8.17
Share:

こんにちは。
本日もクリックお願い致します。

人気ブログランキングへ

 

From:不動修太郎
都内の自宅より、、、

8月9日はマレーシアの首都、
クアラルンプールの公道で
GTカーレースが行われました。
↓↓
JIS-不動-04

日本では昨年から
富士スピードウェイで行われる
自動車レースですね。

東京からだとサーキットまで行くのに
相当な交通費と時間がかかります。

ところが、クアラルンプールでは
ツインタワーの前の市街
中心地でレースですよ。
↓↓
JIS-不動-05

日本だとマラソンや
駅伝では公道を使いますが、
自動車レースは難しいでしょうね。

モータースポーツがお好きな方は、
マレーシアの公道レースも
オススメですよ。

だからというわけではありませんが、
マレーシアではアルコール飲料とタバコは高いのに、
高速道路料金とガソリン代は日本よりも大幅に安いです。

いや、日本のガソリン(軽油)にかかっている
税金を除くと実はマレーシアのガソリン代と
ほぼ同じなのです。

税金の分、だいぶ高く
なってしまいます。

マレーシアでは生活に直結する
ガソリン代と食料品にはあまり
税金をかけないのです。

その代わり食料品を除く殆どの物品に
消費税と似ているVAT(付加価値税)の
6%が掛けられています。

他にもVATを導入している
国があるのですが、そう、
今話題のあの国ですね!

ギリシャでもVATが
導入されているんです。

国際通貨基金からは
その税率を大幅に
上げろと言われています。

国際通貨基金という
名前からは慈善団体のような
イメージをお持ちではないでしょうか?

その実体は!?

基金の幹部はアメリカとイギリスの
金融機関から派遣されている人が多いです。

そのせいか、国際通貨基金の考え方は
アメリカ、イギリスの考え、行動様式に
近いものがあります。

とはいえ、国際通貨基金に
言われるまでもなくギリシャは
増税するしかないでしょうね。

そもそもギリシャは皆様が
よくご存知のように観光が
産業の柱です。

そういう国は周辺国の
景気の影響をまともに
受けてしまいがちです。

大々的に報道されたように
ギリシャで国民投票が有りましたね。

これまではギリシャはユーロ圏の一国だったから
破綻を免れてきたのですが、本当にギリシャが
ユーロから脱退したら、ディフォルトしかないでしょう。

国の政府が借金を返せなくなることを
専門用語では、デフォルトと言います。

個人では破産に当たります。

ギリシャがデフォルトになってしまうと、
周辺のユーロ圏の経済的ダメージが
大きいということもあり、ユーロ圏が
ギリシャを助けてきました。

ギリシャの通貨が独立した
通貨だったとしたら、既にデフォルト
となっていた可能性が高いです。

今後も、ギリシャの動向は
要注意ですよ!!

不動修太郎

 

本日も最後までお読み頂き
まことにありがとうございます。

9月にはさらに、日本の株価も上がりますように、
ブログランキングクリック、ポチッとお願いします!
↓↓

関連記事

Pick Up!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。