値動きが激しいときの対処法

2018.10.30
Share:

From:Mr.K
ハワイのコンドミニアムより、、、
 
おはようございます。
Mr.Kです。
 
ハワイに来てもうすぐ2週間が経ちます。
 
ハワイのオワフ島は、
リーマンショックのときですら
地価が下がらなかったというだけあって、

景色も気候も最高です。
 
なんと、毎日虹が見られます。
 
IMG_8310d
 
ハワイに住んで気付いたことは、
夜のネオンがないんです。
 
日本の夜は、色々な会社の
宣伝看板が所狭しと並んでいますが、

ハワイではそれが禁止されており、
ライトの色も統一されています。
 
IMG_8308n
 
他にも色々シェアしていきますが、
今までの常識が常識でなかった
ということがわかります。
 
いくつになっても柔軟な考え方で
挑戦し続けることは大切だなと、
改めて感じています。
 
では、本題です。
 
10月は、米国のダウ平均株価の
暴落に伴い、日経平均株価も
暴落しましたね。
 
こんなときにどんな戦略を
取るべきかを簡単に説明します。
 
大きく分けて戦略は3択です。
 
============
 
1.休む
2.ロットを小さくして逆指値を離す
3.投資対象を変える

まず、大前提として、
トレード(というか投資)において
もっとも大切なのは、
 
投資手法ではなく、
投資時期です。
 
上手い人と下手な人の違いは、
単に手法が違うのではなく、
本気を出して投資をしている時期が違います。
 
あ、ちなみに、
私も自分はまだまだだと
思っていますから、

今からお話しすることは
自分自身にも言っています。
 
話を戻しますね。
 
投資がうまい人というのは、
本腰を入れて投資している時期が
普通の人とは違うんです。
 
これはビジネスでも何でも
たぶん同じだと思います。
 
素人が必死になっているところは、
プロはほとんど気にしていない。
 
素人が勝負時だと思ったとき、
プロは既に仕込みを終えている。

という感じです。
 
では、トレードに
限ったお話しをしますが、

トレードを始めたばかりの人は
急騰や急落をしているときに
毎日チャートを確認します。
 
しかし、上手くなってくると、
動き始めに注目するようになってきます。
 
そして、もっと上手くなると
動く前に情報収集します。
(と思います)
 
準備8割とはトレードでも同じです。
 
ですから、
 
「暴落した」となった時点で
すでに勝負は終わっているので、

空売りで乗れていなかったら
次回の勝負時に備えるしかありません。
 
それが、選択肢の1つ目の
「休む」ということです。
 
過去に書いている以下の記事も
参考になると思います。
 
▪️負けたときこそが分かれ道
https://j-i-s.info/?p=6598
 
ただ、
 
待つだけは「いやだ」という場合や
「生産性を求めたい」場合は、
 
2.ロットを小さくして逆指値を離す
3.投資対象を変える
 
のどちらかになります。
 
「2.ロットを小さくして逆指値を離す」
については、以下の過去記事を参照ください。

▪️暴落相場の対処法
https://j-i-s.info/?p=6018

 
最後の「3.投資対象を変える」
について説明します。
 
よくセミナーで議論になるのですが、
日経平均株価がどうなっていようと、

ぜんぜん違うフェーズの銘柄は
たくさんあります。
 
「いや、今はすべての銘柄が
暴落しているじゃないですか」

 
と思ったあなたは、
銘柄を見なさすぎです。
 
日経225銘柄の中にですら、
暴落とは無縁の銘柄がいくつもあります。
 
人間は、数個の例を確認して
簡単に「全部そうだ」という錯覚に陥ります。
 
こんなときでも
絶賛上昇中の銘柄はありますし、
まさに仕込みどきの銘柄もあります。
 
そういう銘柄に投資対象を
移すというのがひとつ。
 
あるいは、投資期間を変える
という手もあります。
 
いつも日足を見ているなら
15分足トレードをしてみるとか、

週足トレード(これは薦めませんが)に
切り替えてみるとか。
 
投資期間を短くしたり
伸ばしたりする場合は、
資金管理を徹底してくださいね。

以上のように、
 
1.休む
2.ロットを小さくして逆指値を離す
3.投資対象を変える

 
のどれかにシフトすれば
特に問題のある相場ではないです。
 
投資で重要なことは、
いつやるかですから、
よくわからなければ休むことです。

今回お話ししたような、
相場の変化に対して私たちは
どう対処すべきなのか。

もっと詳しく聞きたい方や、
質問がある方もいらっしゃるかと思います。

そんな皆さんの質問を、
ラジオ形式で回答させて頂きます。

今読んで下さっているあなたも、
ぜひこちらでぶつけてください。

質問回答WEBラジオ#2
http://japan-i-school.jp/jim/mksbkt_2/

もちろんトレード以外の
質問でも大歓迎です。

たくさんのご意見お待ちしております。

GOOD TRADE!!
 
Mr.K

<編集部のオススメ> 
暴落におびえる日々から
開放されるチャンスです。

上昇下落もすべて利益に変える、
20億稼いだプロがトレードテクニックを公開。

未来の暴落に備えて
今すぐ知ってください。

http://japan-i-school.jp/jim/seminar181106/

The following two tabs change content below.
Mr.K
Mr.K
・ジャパンインベストメントスクール講師 ・専業トレーダー 2016年10月までは某大手企業に勤め、平日は朝8時から夜の22時まで働く現役バリバリのサラリーマンでありながら、1日わずか10分の作業時間で月利20%以上を安定的に稼ぎ出していた。 サラリーマンとして、大企業ならではの組織の力を使って世の中を変えることを目指しつつ、自らの資産形成のために2013年から株式トレードを始める。スタート当初は、様々な投資本や教材に手を出し、1000時間以上勉強するものの、全く結果が出ず、トレードを諦めそうになるまでに。最後に一大決心で本気を出し、9日間の夏休みを丸々使い朝9時から夜12時まで過去の株価チャートを見続けた結果、人間心理そのものが勝つトレードと逆行していることに気づき、それを逆手にとれば、株価は確率的に予測することができるということを発見する。 それ以降は、ローソク足と単純移動平均線だけを使った投資理論を確立する。株式トレードの勝敗を決めるのは、手法ではないという考えをもとに、勝つために必要な考え方を独自のトレード理論として言語化に成功。現在は、かつての自分と同じように株式トレードでなかなか結果を出すことができない人の役に立つべく、スクールでの指導や個別コンサルなども行っている。これまでに300名を超える指導実績と自身のコミュニティに100名近い参加者を抱える。サラリーマンから独立した現在は、世界規模でのビジネスに携わる他、研究機関と人工知能を用いたトレードシステムの開発を行うなど、その活動は多岐に渡る。

関連記事

Pic Up!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。