暴落相場で明日も生き残るには?

2018.11.4
Share:

From:谷口洋章
自宅の書斎より、、、

おはようございます。

谷口です。

さて、2月の暴落に次いで
1年に2回も暴落が起きましたが、、、

皆さんは儲かりましたか?
それとも大損してしまいましたか?

こんな相場、トントンなら上出来です!

大抵は、ほとんどの人が大損します。

この大損の感覚は人それぞれ違うと思いますが
人の心的には原資から30%のあたりだといわれています。

これ位の損失になると、
損したくないから慎重にトレードしていた人も
急に大胆になります。

これだけの損をしたのだから一気に取り戻したい!

だから底入れで安いところで買いなおして
一気に儲けてやろう!、、、、と

これが破産のシナリオです。

そして、これからそれが起こります。

一旦下げ止まった日経ですが、
今後は上がるでしょうか?

疑問視してみてください。

本当に上がっていくなら
全力買いですね。

でも見せかけだったらどうしますか?

トランプが中間選挙で圧勝すれば急反発?

ダメだったらどうしますか?

これから日経もダウも
急反発するシナリオはあるのでしょうか?

それは絶対でしょうか?

疑問視してください。

世の中は不確定の中で動いています。

逃げる時は逃げて、戦うときは戦う。

明日も生き残るにはどうしたら良いか?

2月のチャートを見直して、
今どこにいるかを確認してください。

負け組の考え方になっていないか?
都合の良いようにニュースを読んでいないか?

賢明なあなたならよくわかるはずです。

ロスカットを入れずにトレードしてはいけません。

これで底入れになるか?

再びリーマンショックになるか?

世の中は不確定の中で進んでいきます。

読みやすい相場で勝負していけば
問題ありません。

今の相場が初めての体験だったとして、
適当に考えて利益が出ると思いますか?

暴落の時期にしか考えられないことです。

”守る”
”増やす”

この順番が大切です。

最近ギャグを忘れたので
ただのおやじになりました。

谷口洋章

PS.
しっかりとした知識があれば、
才能もスキルも経験も必要ありません。

99%の日本人が知らないお金の真実と、
高利回り投資案件をお伝えします。

他の日本人投資家を出し抜く
強力な武器を得たい方は、
是非ご参加ください。

http://japan-i-school.jp/jim/kihara_181116/

関連記事

Pick Up!

One thought on “暴落相場で明日も生き残るには?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。