クリスマス休暇には気をつけろ!?

2014.12.24
Share:

From:高橋陽子
兜町のセミナー会場より、、、

巷はどこもかしこも
クリスマス一色ですね。

家族とお祝いしようか、
または友人達とパーティをしようか?
と計画を立てている方も多いかと思います。

そんなクリスマスですが、
株式投資でもクリスマスは重要なシーズンなんです。

日本株を売買している
人種の殆どは外国人投資家。

ご存知でしたか?

そして、欧米では
「クリスマス休暇」という
長い休暇があります。

大体ではありますが、
12月20日ぐらいから休暇に入るのです。

では、休暇に入る前に
何が起こるかと言いますと。。。

・証券ディーラーの焦った売り買い

・12月決算に向けて一旦現金に戻す動き

こんな動きがあったりします。

その他にも、色々な要因がありますが、
このクリスマス休暇前の株価の変動、休暇中の
期間は相場も閑散とする。と言われています。

とは言え、昨年の
クリスマスは、休暇は返上し
外国人投資家は日本株を買いに走りました。

ですから、昨年の株価は
年末に一気に上昇したのです。

株価変動には
様々なことが起因します。

また、外国勢のトレードシステムは
動いていますので、何か変化があったら、
一気に売買はさかんになり、動きが出るでしょう。

ですから、100%いつもの様な
動きや閑散相場になりますよ。とは言えません。

ただ、12月20日前後と、その後の
相場の状態は注意して見る必要がありそうですね。

また、昨年末は大納会が一番の高値で、
大発会から一転、株価は急落しました。

その点も踏まえて、注意深く
トレードを頑張っていきましょう!!

こういった注意深く
トレードをするということも
ルールを守る一つになります。

私も負けが続いてばかりの頃は
チャート分析のルールももちろんですが、
感情任せで決して慎重なトレードではなかったです。

今思うとゾっとしますが、
そんな私の失敗談も、今では
生徒さんに笑いながらお話しています。

全ての失敗は
気持ちの焦りから
始まるとも言えます。

安定した株式投資が
実現できるように日頃から
視野広くトレードなさってくださいね^^

高橋陽子

関連記事

Pick Up!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。