[間違えると危険]投資・トレードの違いを知ってますか?

2021.7.16
Share:

From:MAX
都内のトレーディングルームより、、、
 
 
おはようございます。MAXです。
 
 
本日は。投資(長期投資)とトレードを間違えるな!
という話しをさせていただきます。
 
 
あなたは投資・トレードを
混同して使用していませんか?
 
 
この2つには明確な違いがあります。
 
 
やっていることは株を買ってどこかで売るという内容で
そこまで違いがないように思えますが、
 
 
考え方として分け取引しなくては
上手くいかないという事をお話しさせていただきます。
 
 
投資とトレードの違い、、、
それはずばり
 
 
買い方にあります。
 
 
トレードは、株が上がり始めてから買う。
投資は上がり始めたらではなく、下がったら買う。
 
 
という違いがあります。
 
 
時間軸の違いで言うとトレードは短期、投資は長期という形になります。
 
 
これは私の定義ですが、
世の中とさほどずれていない考え方だと思っています。
 
 
この買い方を理解していないと、あまりうまくいかないと思っています。
 
 
そもそもトレードの目的というのは値幅を取る事です。
 
 
投資というのは長く持つことで価値の増大を図ることを指します。
 
 
どちらがリスクが高いかというと
実は、長く持つ投資はリスクが高いです。
 
 
そのため、エントリーポイントをより考えなければいけないのは投資だったりします。
 
 
エントリーポイントが良ければ
日々の変動を気にしなくて良いというメリットもあります。
 
 
できるだけ良い株はどれかという
目星をつけているのが前提となりますが、
 
 
下げている時に買うというのが投資の買い方です。
 
 
トレードは値幅をある程度取りに行くので時間軸が短いです。
デイトレードやスイングトレードの間に
値幅が取れないと時間効率が悪いです。
 
 
確実に動くものを買って、利益を取りたいと考えます。
そういった時に確実なのは上がりだした銘柄の方がやりやすいです。
 
 
下がっている銘柄はそのまま下がるか停滞しやすいです。
時間軸を短く、利益を取ろうとすると上手くいきにくいです。
 
 
株価に勢いがあって上がりだしているタイミングであれば上がりやすいため、
損切などのリスク管理は行った上で動きが良い銘柄の方が取りやすいです。
 
 
トレードの買い方は上がりだしたら買う。
という事になります。
 
 
これを間違えてはいけません。
 
逆に長期投資で上がっているタイミングで買ってしまうと
値幅が取れないのでそういう考えを持ってもらえればと思います。
 
 
この考え方の違いを持ってもらえれば
どちらの方法でも上手くいくと考えています。
 
 
今あなたが取り組みたいのは投資ですか?トレードですか?
 
 
どちらをやるにしても違いを認識した上で売買していきましょう。
本日も最後までお読みいただきありがとうございました。
 
 
 
MAX

関連記事

Pick Up!

One thought on “[間違えると危険]投資・トレードの違いを知ってますか?

  1. >下げている時に買うというのが投資の買い方です。
    ⇒明らかに違うでしょう。下げて、底近辺で買い、長期で持つという言い方の方
    が良いでしょう。この書き方だとナンピン推奨に見えます。

Kon へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です