どんな時も存在する売買の2つの価値要素

2016.11.9
Share:

From:奥村尚
都内のオフィスより、、、

おはようございます。
奥村です。

昨夜から本日にかけてビッグイベントがありますね。

もしかすると、既に始まった開票の速報が
どんどん届き始めているのではないかと思います。
今回は8年に1回の本当の大統領選、
前回は初の黒人大統領誕生の時でした。

今回は相場としては懸念材料視され、
この数日も大きく市場を動かしてきたイベントです。

しかし、今日を過ぎると、どっちがなるにせよ決まります。
不透明感がなくなるわけです。

もしBRexitの時のように1000円も下げるようなことがあれば、
絶好の買い時になるでしょう。

僕も、おそらく徹夜で、TVに見入っている事だと思います。
このようなイベント時の市場の動きにはいつも興奮してしまいます。

また来週以降にでも僕なりの見方と感想を書かせていただきますね。

さて、本日は売りについてです・・・

株の売買(あるいは先物やオプションの売買)
いいかえるとトレードは、
二つの価値要素があると思うのです。

ひとつは、トレードそのものを味わい楽しむ価値です。
もうひとつは、経済利益の実現です。

トレードを味わい楽しむ価値というのは、
趣味に近いもので、お金には代えがたいものでしょう。

数年前、僕がファンドを組成した時、
知人に会社を起業しその会社を上場(IPO)させて
成功した方がいたので、

僕のファンドに運用資金を出資して頂けないか
持ちかけたことがあります。

その方に
「あなたにお金を預けると楽して増やせるのは
 承知しているが、私の楽しみをとらないで欲しい」
と、やんわり断られました。

その方は、自分でトレードをしたいのですね。
これは、パチンコと似ています。

自分でプレイするからこそ、楽しい、
そんな要素が、トレードでは存在します。

もうひとつの、経済利益の実現。
これについては、言うまでもないことでしょう。
投資資金をつぎ込む以上、一定の儲けがないと
やる意味がありません。

安く買い高く売る(もしくは高く売り安く買う)
というのがトレードの基本です。

これをやって利益を確定できて、
はじめてトレードという仕事をお金に変換できるのです。

買い、については、いろいろな流派があり、
何を買うか、いつ買うか、いくらで買うか、を
決定する方針や考え方は
恐ろしいほどたくさんあり、
優位性を競っています。

(買いの)銘柄選定の名人、
(買いの)鉄人のような方は
よくネットで見かけますし、
ノウハウ本もたくさんありますね。

ところで売り、はどうでしょうか? 
買いの情報に比べ、遥かに少ないのではないでしょうか?

買いと売りは、一対になるもの。
どちらの重要性も同じはずです。

しかし、
(売りの)超人、(売りの)達人のような方は、
なかなかみかけません。
本も、みかけません。

なぜ、売りに関する達人がいないのでしょう。
売りに徹した本がないのでしょう。

上手に売るノウハウはあるのでしょうか?

これについては、少し長くなるので、次回にお伝えしたいと思います。
では、来週をお楽しみに。

奥村尚

PS.
先月行なった私のセミナーが
再び開催できることになりました。

またブログの読者のみなさんに
お会いできることになり
とてもうれしく、楽しみにしています。

私の運用システムの説明と合わせて
金融の本質的なところを
かいつまんでお伝えします。

開催は月末ですので、
そのころには大統領選の経過を踏まえて
お話も出来るかと思いますので、
興味のある方は是非ご参加ください。

コチラからお申込みください

The following two tabs change content below.
奥村尚
奥村尚
・ジャパンインベストメントスクール講師 ・マーケット アナリスト ・マーケットの魔術師 20兆円もの運用資産をもつ米国大手ヘッジファンド株式投資部門スーパーバイザー、自身も日本でヘッジファンドを主宰。日本証券アナリスト協会会員。 1987年、都立大学大学院工学研究科修了(テーマは人工知能)。日興証券入社。投資工学研究所にて、数々の数理モデル開発に携わる。スタンフォード大学教授ウィリアム・F・シャープ博士(1990年ノーベル経済学賞)と投資モデル共同開発、東証株価のネット配信(世界初)なども手掛ける。 2000年 東証マザーズ上場第一号のインターネット総研で金融事業を統括。 2002年 イスラエル天才科学者とベンチャー企業設立、人工知能技術を商用化し空港に導入。 2004年以降は、金融業界とIoT業界の交点で活躍。最先端の人工知能とアナリストの相場適応力を融合させた投資モデルMRAを完成し、内外の機関投資家に提供する。この投資手法は、最低25%/年以上の収益を「MRAを使う誰にでも」もらたしている(一度も元本割れなし)。 2015年 個人投資家へMRA情報提供開始、さらに投資塾を通してお金の知識を広め、ゆたかな生活の創造に貢献している。 趣味は、オーディオの機械いじり。ワインやウィスキーをたしなむこと。スポーツも好きでスキー、スケートは自称特級(そんなものはない)、エアロビック競技を10年ほどやっている(NAC マスター男子シングル 9連覇中、2014-2016日本選手権千葉県代表)。ただし、「かなずち」であり、球技も苦手である。

関連記事

Pic Up!

どんな時も存在する売買の2つの価値要素へのコメント

  1. 奥村先生こんにちは!
    投資をギャンブルとは思っていないのですが、自分のトレードを振り返ると、
    つい都合の良い理由をこじつけて買っていることがあります。
    やはり楽しみとしての投資と言うのも一つの要素かな、と感じております。
    利益と楽しむことを両立できるよう、がんばっていきます。

    次回の売りについても楽しみにしています!

  2. こんにちは。
    コメントありがとうございます。証券を売らないでも、時価で評価することで、損得は計算できるのですが、それはあくまでも会計上の技術なんですね。やはり売って利益を確定してこその投資なのだと思います。次回は、少し掘り下げたノウハウを少しお伝えしたいなぁ、と考えています。
    お楽しみに。

  3. 「もしBRexitの時のように1000円も下げるようなことがあれば、
    絶好の買い時になるでしょう。」

    的確すぎる予想でしたね。1000円という額までピタリ。
    素晴らしい。
    資金を運用したくなったら、門を叩きます(いまは、「パチンコ」を楽しみたい、というより自立できる技術を身に着けたいので)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。