配当はオッズで決まる?市場予想の終着点を探る

2017.3.29
Share:

From:奥村尚
東京のオフィスより、、、

おはようございます。

株式は、4日目受け渡しなので
本日から株式は新年度相場に入ります。

同時に権利落ちの日でもあるので、
配当(がある会社はそれが)なくなった分、
昨日より安い値段で取引が始まるのが本来の姿ですね。

これは、株式をちょっとだけ
難しくしている仕組みなのですが、
先物取引でも関係してくる話です。

3月もの先物価格は配当を含んだもの
6月ものは権利落ちを終えているので配当を含んでいないもの
ということになります。

実際には、日経225全社の配当が確定するのは3月31日、
それを企業が発表するのは5月になってからの
決算発表の席ですから、

まだ3月の段階では配当は誰にもわからないのですが、
いろいろな情報(主にアナリスト情報)から
市場参加者がそれぞれ配当を予想し、

それが取引価格に反映されることで
市場全体として配当予想を行う事になります。

簡単なたとえで置き換えると、
例えば英国の公認賭け屋が

世界的なスポーツ大会を賭けの対象とし、
そのオッズ(賭け率)を出しますが、それと似ています。

羽生選手がオリンピックで
金メダルを取る確率とか、

日本がワールドカップで優勝する確率は、
そんなところから計算できるわけです。

昔から、市場は
価格の発見機能をもっている事が
重宝されていました。

価格をつけづらいものでも、
市場で大人数で取引を活発化させることにより、
結果として落ち着く価格が適当な価格である、
というものです。

株式もその代表的な商品といえましょう。

こうした考え方は非常に重要で、
例えば日米の債券市場が
示唆する適正為替レート

簡単に求められますし、
結構な確率で当たります。

あるいは、以前に書いた米国債券市場が
示唆するFOMCの利上げ確率など、

市場の取引価格をもとに市場が
暗に予想する結論を数値化する方法を用いると、
市場が考えている結論を確率で示すことができ、
投資に役立てる事ができるわけです。

市場では知恵のあるものが本当に数多くいて、
このような手段をたくさん持っている、
ということは知っておくと役に立つかもしれません。

奥村尚

<編集部のオススメ>
市場は多くの個人投資家の
感情で出来上がっています。

チャートの動きに注目すれば、
他の投資家が何を考えているか分かるはずです。

あとは、それを逆手に取るだけ…

その戦術を知りたい方は
是非このセミナーへお越しください。
→ https://j-i-s.info/j-i-s/seminar_170407/

関連記事

Pick Up!

配当はオッズで決まる?市場予想の終着点を探るへのコメント

  1. 『知恵のあるもの・・・』で思いついたのは、
    時折、”自動売買”の広告が目にとまります。
    今後、どれ位普及するのかな?

    チェスや将棋ロボットは、見ているのも
    結果にしても味気ないけれど、自分の
    マネ-を時間浪費とストレスなく
    増やせるならいいよなあ~

  2. Cさん、こんにちは。

    人工知能で投資、ということですね。各証券会社、売り文句で使っていますが、皆失敗しています。

    人間のノウハウとして適用させているのはせいぜいチャート分析ですが、チャート分析で勝ち続ける人は(今までのところ)証明されていません。実際、ディープラーニングでも失敗しているはずです。過去の株価だけから将来を予想するのは不可能といってよいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。