【本年度は12%up】根拠ある相場予測とは?

2017.4.19
Share:

From:奥村尚
東京のオフィスより、、、

おはようございます。

激動の先週を無事終えました。

欧米もイースター(復活祭)も終えて、
通常のマーケットに戻ってきましたね。

日本は、その相場を受けた
初日ということになります。

フランス選挙で次第ではEUが滅ぶとか、
北朝鮮問題は全く終わっていないとか、
暗い話題も多いのですが、

明るい話題も多くなってくる
可能性があります。

為替がまず挙げられるでしょう。

108円台の攻防をしていたドル円レートは、
少し円安に向かってくれました。

4月3日発表の日銀短観によると、
大企業、製造業が事業計画のもとに
している想定為替レートは通期で108.43.

このレートを超えて円高になる場合、
事業計画の数値を見直して
下方修正する可能性が強まります。

だから、109円台になってくれると、
日本経済には良いし、株式相場にも良いわけです。

株式相場で為替と並ぶ要素は企業業績です。

今週から、だんだんと
2016年度の決算発表が本格化してきます。

世界的な景気回復の兆候は
昨年から起こっていて、

今年も設備投資が大きくなると
見込まれています。

日本製品は、、

円高(海外から見ると割高に見える価格)で
あっても需要があります。

円高の場合、製品値上げを伴うわけですが、
それでも性能やサポート、
寿命のなどの点で人気があるのです。

皮切りは何といっても安川電機でしょう。
ここは、メカトロニクスの大手です。

鉄鋼用大形プラント設備をはじめ、
インフラ設備などを輸出しています。

毎年、この会社の決算発表は他社より早いので、
今後続く大手製造業の決算を
占う意味でも注目されます。

さっそく、明日(20日)が決算発表です。

ここの決算が良いと、他社も同じく良い、
という気分が市場で盛り上がり、
相場も持ち上がりやすくなります。

そして、この決算というのは、
既に終わった2016年度(=2017年3月)決算です。

今年の日本経済は2桁の成長が見込まれています。

多くのシンクタンク発表値では、
12-14%程度の成長予想が多いのです。

つまり、2017年度(来年3月の決算)は、
2016年度比12%くらいはUpしている
期待が大きいわけです。

それを受けて相場の雰囲気も
変わることは十分に考えられます。

こうした明るいニュースにも、
ぜひ注目してゆきたいと思います。

それでは、また次回をお楽しみに。

奥村尚


PS.
先日より、
ビデオ講座を開催しております。

私の投資についての考え方を
色々とお話させていただきました。

期間限定公開となっているので、
是非、この期間にご覧ください。
https://j-i-s.info/j-i-s/okumura_op1/

関連記事

Pick Up!

  1. 具体的でわかりやすい説明をありがとうございました。次回を楽しみにしています。ビデオ講座の1時限目を拝見しました。株式投資を始めたばかりで、なかなか利益に繋がらない状況です。しっかり学び理解を深めたいと思っています。

  2. 高橋 りこ さん

    コメントありがとうございます。
    相場は本年の山場のひとつ通過しかけている状況だと思います。
    ビデオの方は、この先に五ご期待ください。

  3. 受信メ-ルチェック遅れてしまったことは自分に反省。

    でも、今後のためになる有効なマガジンを拝読できた
    ことはプラスになります。
    前向きな姿勢が、開運に繋がると思って頑張ります。

    いつもありがとうございます。

高橋 りこ へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です