年金だけで案外生活できる?

2019.9.11
Share:

From:奥村尚
東京のオフィスより、、、

おはようございます。

みなさん、
自分の家計を詳しく分析したことは
ありますか?

家計簿をつけていない人は、
まず家計簿をつける事から
始まるでしょう。

ひと昔前であれば、家計簿は
主婦向き雑誌の年末の付録に
必ずついていたものでした。

紙に鉛筆で記録する方法だと、
分析が上手にできないのですが、

最近は、
いろいろな家計簿アプリが無料で使えますので、
アプリで家計簿を付けている方も多いかと思います。

一度データ化してしまえば、
いろいろな事が分析できます。

たとえば、
食費や電気代などのレギュラーな支出の年間の金額、
月別の金額などは、
季節的要因での変化がわかります。

こうした分析を通じ、
年間という単位は、
おおむね安定的に見積もることができる数字
であることがわかります。

毎月の支出ではなくても、
損保や固定資産税など、
年に一度の支出もあるので、
これは家計簿にしっかり記録しておかないといけませんね。

車を所有する人であれば、
2年に1回の車検コストも
見積もって確保しておく必要があります。

こうしたコストを1年間で見積もると、
現在の生活水準を保った時の
必要な収入
がわかってくると思います。

このコストは、
まったく人それぞれですので、
モデル的な数値で考えてみましょう。

総務省のHPでは、
2018年の調査結果が
詳しくデータ化されています。

http://www.stat.go.jp/data/kakei/sokuhou/tsuki/index.html#nen

これによると、消費支出は、
287,315円 (2018年、2人以上の世帯平均)でした.

食料、住居、光熱費、保険医療、交通費、教育、その他の
いわゆる毎月の生活費は一通り入った数字です。

もし、今の平均的生活を、
老後も続けるのであれば、
月額平均、29万弱の収入を安定的に確保しておく必要があります。

年間だと約345万円必要になるということです。

これに対し、世帯収入は、
558,718円でした。

家計は黒字ですね。

一方、公的年金の平均支給額は、厚生労働省HPによると、
モデル世帯では、老齢基礎年金1か月64,941円、
老齢年金は221,277円、合計 286,218円ということになります。

おや?

支出 287,315円
収入 286,218円

支出と収入は、ほぼ「≒」なので、
トントンで生活が成り立つことがわかります。

平均的には、年金で、
案外やっていける事がわかります。

(ただし、修繕や大病など、
臨時の支出分だけは、
あらかじめ貯蓄して備える必要がありそうです)

ぜひ、家計簿をつけて
ご自身の生活レベルで
こうした計算をしてみることをお勧めします。

奥村尚

<編集部のオススメ>
「勝てると思っていたのに、
なぜか予測と逆にばかり動く…」

と、今の相場に翻弄されていた受講者が
コンスタントに資産を増やせるまで逆転した
相場の秘密を公開します。

http://japan-i-school.jp/jim/seminarok_1909/

関連記事

Pick Up!

年金だけで案外生活できる?へのコメント

  1. 私は現在では61歳ですが、65歳からの年金受給額は合計20万です。
    自分では平均かやや上の受給額だと思っています。
    従って、国のモデル世帯受給額を根拠にして、物事を考えない方がいいですよ。
    余りに庶民の実感と乖離していますので。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。