作成者別アーカイブ: JIS

80%が見落としてる重要ポイント

2017.03.20
koushi_fujii01

From:藤井百七郎
自宅のリビングより、、、

「どうやったら株で勝てますか?」

これは、セミナーで
一番よく聞かれる質問です。

どうやってって、
あまりにも抽象的過ぎて
答えるのが難しいですよね。

私なんかも含めて株に携わっている人間は
ものすごい数ですが、

すべての人が求めている問題でしょう。

勝てる方法はこれから先も
ずっと探っていくものですが、

勝つためのコツはいくつかあります。

それは・・・

日経平均株価と歩調を合わせること!

もっとも初歩的で
これほど重要なことはないと思う。

どんなにいい会社でも
日経平均株価が下がっているときはほぼ下がる。

あんまりメジャーでない会社も
日経平均株価が上がっているときは
ひょっこり上がってくる。

狙っている銘柄があれば、
日経平均株価が上がるときに
ちょんと買えば追い風に乗って利がのる。

大きな目線で見たときに、
それが相場というものです。

原理原則にも思えますが
これ、意外と多くの人がわすれがちです。。。

特に株式の銘柄は
固有の会社名がついているせいか、愛着がわきやすい。

固有の名称を何度も呼んでいるうちに、
我が子のように思えてしまう。

終いにはかなり株価が下がっているのに、
うちの子に限って大丈夫だ、
なんて親バカも方もいる次第ですね。

目の前にかわいい我が子がいると
周りがみえなくなってくる・・・

YDK!(やれば できる 子)と思い込んでしまう。

業績はいいし、注目度もいい、これから話題の業種だ。
きっと悪いのは今だけでぜったいに上がってくる。
だって・・・私の子なんだから!

こうなると、もう末期症状です。。。

「木を見て森を見ず」

全体を見ながら一部にこだわる必要があります。

麻雀の上手な人は自分の手牌だけでなく、
ほかの人が捨てた牌
つまり「場」の流れを見ていきましょう。

さあ、今日は祝日!

なにかいい銘柄はないかと探しに行く前に、
日経平均株価のチャートをまずはじっくりと、
じっくりと見直してみるのもいいかもしれません。

藤井百七郎

【投資銀行のトレード戦略】

世界最高峰の150人に選ばれた
トレーダーのうちの1人が
20年前からキャリアを通して使い続けてきた
トップのトレード戦略を公開中…

詳細はコチラ


見て見ぬフリをしていませんか?

2017.03.19
koushi_yoko01

From:高橋陽子
都内の自宅にて、、、

現在、私には困った事態が
目の前で起こっています。

それはなぜかと言うと。

ずっと見て見ぬふりをしていた
「大量の領収書の山」が
ありまして。

それがどんどん膨らみ、
3ヶ月間放置して極限に達していたのです。

つまり、会社の領収書を3ヶ月
山積みにしたあげくの放置プレイ。。。

税理士さんからの催促で
ようやく「山積みの領収書」を
3ヶ月×3つの山に分割して

今日は終了(爆)

人はそれぞれ得意分野と不得意分野が
ありますね。

これはまさしく「不得意分野」なので
苦手意識が強く。

目の前にあっても、3ヶ月も
見えないフリが出来たのです。

でも、ちゃんと分かっているのです。

頭の片隅には、いつも領収書の山が
存在しました。

「いつかやらなくっちゃ」

といつも思うのですね。


これって、株で言えば、塩漬け株を
持つ人の心理に似ていませんか?

上がると思って買ったのに。
わずかに上がったものの。

今は買った時の株価の1/3
売るに売れずに買っていないフリ。

まさしくそれと一緒ではないですか!!

株ではやりませんが、しかしやっている事は
同じ事です。

やらなくちゃいけない事をただただ
先延ばしにしている。

ですよね。

それに気付いた途端、テーブルの
一番分かる所に書類の山を置き。

あえて食事の時も。
仕事の時も、
書類の山が見えるようにしました。

そうなると。
ちょっと気分が違ってきます。

気持ちも上がってきて。
とうとう、「明日の午前中は領収書整理の日」
と、手帳にまで書いています。

とは言え、今日ではなく明日なんですが(汗)

これと同じ現象が生徒さんにも
あります。

今まで、ずっと頭の片隅にあった
塩漬けコレクション。

私と出会ったのを機に、
コレクションの整理を始める人が
多くいるんですね。

それは株を強く意識した結果かと
考えています。

人生でも、案外見てみぬフリをしていた

「モノ」
「事柄」
「思い」

なんてありますね。

これを機会に整理するチャレンジに
良いかもしれません。

3月は1年の中で一番、人生が
動く時ですね。

新学期や、転勤などもこの時期です。

しっかりリセットして、素敵な
人生を過ごしましょうね(*^_^*)

高橋陽子

<編集部のオススメ>
トレーダーとして成長したい方必見!

プロのコーチングで
勝てるトレーダーへの
ステップアップを目指しませんか?

人生を変えるトレードテクニックをあなたに。
詳しくはこちらをクリック↓
http://j-i-s.info/j-i-s/seminar_170325/


〇〇は盲信禁止!

2017.03.18
koushi_wolf01

From:ウルフ村田
自宅のトレードルームより、、、

おはようございます。
ウルフ村田でございます。

先週は大規模な投資イベントに
参加させていただき、
様々な方とお話しさせて頂き、

地合いが良かったこともあり、
感謝のコメントを沢山頂きました。

昨日もセミナーを開催したのですが、
このブログ記事を見て、
株で利益が出てスクールへの入校を
決めて下さった方がいらっしゃいました。

もともと儲かったお金で
さらに学びに再投資するという、
理想的な流れかと思います^ ^

もちろん、先週まではかなり
地合いが良い状況だったかと思いますが、
初心者の方は特に注意か必要です。

特に興奮して引っ掛かりやすいのが、
【目標株価】。

目標株価の多くは、なかなかその通りに行きません。

思惑で上がり、いざそのネタとなる
イベントが出る頃には下がるというのが、日常茶飯事です。

目標株価1000円って言ってたのに、
800円を超えたら下がってきて、、

なんでーー?!!
という質問をよく頂くのてすが

目標は、あくまで目標。

株価上昇の期待は持てるけれど、
不測の事態はあることを考慮した上で、

まず盲信しないことが大事です。

また、そもそも目標株価が
設定される背景として、

少なくとも値幅を作りたい
という意図は当然あり、

逆にその考え方で行くと、

大きく上げて下げてを繰り返している、
「何やってるの?」
ってチャートがあります。

こういう銘柄をオススメする訳ではないけど、
あれ?って気づくこと、

そして、初心者には綺麗なチャートが
分かりやすくてオススメだと思います。

自信のある方は
そのチャートの特徴を見抜いて
トレードすれば大丈夫です。

そのためにも、
「見れば分かるじゃん」ではなく、
過去の大相場のチャートを見て、

自分ならここで入った方が良かったって、
お休みの日は復習してみましょう♪

ウルフ村田


長生きリスク意識していますか?

2017.03.17
koushi_yoko01

From:高橋陽子
都内の自宅にて、、、

先日、久々にいわゆる「昭和の喫茶店」に
入った時のことです。

隣に、2人のおじいさんが座りました。

見るからに仲が良さそうで
楽しそうに会話がはずんでいます。

ついつい聞いてみると。
2人とも90歳近いとのこと。

「この辺に来たのは昭和30年の時以来かな」

なんて会話に歴史を感じました。

自分のひ孫の事や奥さんのグチに始まり
いろんな話題に事欠かず。

最後には「株」の話になりました。

このぐらいの歳の方の株式投資って
どうなの???

と、私的には興味津々です。

なかなか聞けませんからね(笑)

2人とも、基本的には長期投資がメイン。

そろそろ、ずっと持っていた株を処分し
それを子供へのプレゼント費用に。

などと話をしていました。

しかし、保有期間がすごいのです。

「あの会社が出来た当時は株価が
200円だったのに、今では2万円だもんな。
株ってすごいよなぁ」

なんて言っているのですが、創業からの
ウン十年の長期投資です(汗)

2人に共通していたのが、
「投資信託はやらない」
知らない人間が選んだ銘柄を
持つより、自分で選んだ方が良い。

と言っていたので、さすが!!

と聞いていて安心しました。

多くの株をお持ちのようで。

「そろそろ処分しないとなぁー」
と余裕の構えなのですが。。。

根がブラックな私は。

ついつい言いたくなっちゃいます。
「早く売らないと、お迎えがきちゃいますよ」と(汗)

不動産も何件か持っているらしいのですが。

それもまだ自分名義で、たまに東京に
来たとき用のマンションに。

自宅に別宅と。

30代の時に買った値段とは
桁違いの値につりあがっているようです。

「不動産業者が聞きつけて売ってくれって
うるさいんだよね」

なんて言っていますが、
やっぱり言いたくなります。

「お迎えが来る前に相続税対策をー」

お2人共、まだまだ元気で、病気知らず。

しかし、リスク管理がなっていません。

株も不動産もそうですが、
常に先手を打ってリスク管理を
しなければならないのです。

これを読んでいる方のほとんどは
このおじいちゃん2人より年下でしょう。

こんなに長生きするリスクもありますし(笑)

何かを保有するリスク

どちらもしっかり持っておかなければ
いけませんよね~。

90歳でまだまだ元気で奥さん、子供
孫、ひ孫に囲まれてとっても幸せそうな
お2人でしたが。

色々と考えさせられる出会いとなりました。

皆さんも是非、
長生きリスク
株や不動産の保有リスク

の管理をしてくださいね(^^♪

ところで。

2人の長生きの秘訣は「色恋」との事です。
90歳目前で。です。

すごいですねぇー(笑)

高橋陽子

<編集部のオススメ>
未経験でもFXができる。
安定して稼げる。
そのための設計図をあなたにお渡しします。

実践的なスキルとはどのように学ぶのか、
知りたい方のみお越しください。
→ http://j-i-s.info/j-i-s/seminar_170325/
※残り3名です


[Video]5日MAを使った買いと空売りのポイント

2017.03.16
koushi_fujii01

From:藤井百七郎
名古屋のオフィスより、、、

おはようございます。
藤井です。

トレードの調子はいかがでしょうか?

日経平均は19500円を抜けたら、
スーッと上げていくというのが
大方の見方でしたが、
なかなかそうはいきませんね。

ただ、その中でも
素晴らしいトレードを実現された方もいます。

今日も動画で検証していきましょう。

↓ ↓ ↓ ↓ 

今日は5日線を基準にして
買いと空売りで利益を出していく

というテーマでしたが、

特に5日移動平均線は無視せずに
しっかり使えば利が乗りやすいので、

ポイントを押さえて頑張っていきましょう!

藤井百七郎
 
 
【新:無料webセミナー】

いまさら聞けない資金管理の基本
–リスク管理におけるユニットとは?

【そもそも、値動きとは何なのか?】
ー名だたる機関投資家の中でも
 高く評価された独自の分析理論

【相場を動かす側から見た
価格転換の「山越え」「谷越え」】
ー個人投資家が知るべき、相場の本質と
 プロディーラーの行動心理

こちらで無料で公開中

http://japan-i-school.jp/toshi-school/cc/opt02/


FOMCは織り込み済み?今日、注目すべき重要指標

2017.03.15
prof_okumura

From:奥村尚
東京のオフィスより、、、

おはようございます。

もう3月の半ばになってしまいました。
光陰矢の如し、です。

この時期は例年、とにかく決算の見通しが
何より情報として重宝されますが、
今年は珍しく違います。

世界的にも重要なイベントが多いからです。

FOMCを真っ先に
思い浮かべる方は通です。

が、
CMEのフェデラルファンドレート先物という
短期金利の先物取引が示唆する利上げ確率は

3/14時点で95%を超えており、
市場はほぼ完全に織り込んでいます。

従ってサプライズが起こるとしたら、
利上げが見送られた時になるでしょう。

イエレン議長は3月3日から、
早期利上げのポジティブな見解を発表しており、
見送られる可能性も小さいものと思います。

債務上限休止期限が3/15(水)に到来します

米国では国債発行残は上限を議会が決定しています。

しかし上限があると国債を自由に発行できなくなるので
オバマ政権時代に停止されていました。

その期限が3/15(水)で、上限が復活します。

上限引き上げが成立しないと、
利払いのキャッシュを調達するための
国債が発行できないため、

利払いが遅れる=米国債の利払いがデフォルトになります。

デフォルトというのは、
踏み倒されることだけではなく、

利払いがスケジュール通りに
支払われない事をふくめて使う言葉であり、

そうした意味ではこれまでも何度も
米国債はデフォルトになっています。

まぁ一時的に支払いが遅れるにしても、
米国はお金がなくて支払いを
停止するわけではないのですから、
必ず収束するようにできています。

大げさにニュースで伝わる場合でも、
みなさんは影響をうけないでください。

オランダ議会選挙があります。
これも3/15(水)です。

世論調査では、反EUを掲げる自由党が20%の
議席(総数150議席中30議席)を得て、第1党となる見通しです。

オランダ議会は、
自由民主国民党と労働党の2党が連立政権をとっていて、

与党2党で合計35議席と自由党単体を上回る様子ですが、

フランス(4月大統領選、6月議会選)、
ドイツ(8-10月議会選)、
イタリア(2018年5月)

と続くEU主要大国の選挙に影響を与える事が注目されます。

トランプ大統領の予算教書演説が16日に予定されています。

米国では予算の権限は議会にあり、
大統領は議会にお願いするだけの立場です。

しかも、減税の改革にあまり踏み込まないものと
みられていて、市場は反応しそうにありません。

ひとつ、ふたつとイベントを消化しながら、
市場が不透明感を払拭できた時、
次の高みまで相場が上昇するのではないかな、
と思う次第です。

それでは、次回をお楽しみに

奥村尚