作成者別アーカイブ: JIS

【厳禁】二度買いしてしまう方へ

2017.05.20
koushi_wolf01

From:ウルフ村田
自宅のトレードルームより、、、

おはようございます。
ウルフ村田でございます。

毎月1度、大阪へ出張へ行くのですが、
東京とは違った、美味しいものがあり、

新幹線の駅弁とセットで
毎回楽しみにしています。(笑)

そんな折、この前串カツのお店に行って
面白いことに気が付きました。

テーブルに置いてあるソースの容器に
「二度漬け禁止」と書いてあったのです。

カツにソースをつけるのは最初の1回だけ、
あとは手を付けないというものですね。

多くのお客様がいらっしゃるところですし、
衛生的にももっともな決まりですよね。

冗談なしに人生で株のことしか考えていない私は
これを見てとっさに思い付いたのが、
「二度漬け」ではなく「二度買い」です。(笑)

今まで数々の急騰株をトレードし、
私の生徒さんもそれに乗って
大きな利益を実現してきた光景を
多々見てきました。

しかし、一方でそれと同じくらい多いのが、
天井で「二度買い」して下落に遭ってしまうケースです。

せっかく利益を出せた銘柄なのに、、、
輝かしい思い出が一気に
負けトレードになってしまいます。

この記事をご覧のあなたも、
もしかしたら同じような経験を
したことがあるかもしれません。

なぜ、このような事が起きるのか?

言ってしまえば、

利益確定に興奮してしまうことと、

銘柄執着をしてしまうことですね。

特に利益の金額が大きいほど
その銘柄に対する印象や思い入れも大きくなりますし、

結果として「また獲れるんじゃないか?」と
続けてエントリーしたくなるわけですね。

こういうのを私の言葉で
「二度買い」病と言います。(笑)

本当にもったいないことですし、
これを防ぐためには、、、

「資金は常に移り変わる」という事実を
忘れないようにしてください。

過去に、私の話を聞いたことがある方、
その時題材にしていた銘柄は
今も旬な銘柄でしょうか?

スクールや月刊ウルフなどで
継続的に聞いていただいている方は、

銘柄がスピード感をもって
移り変わっているのがお分かりに
なるかと思います。

当たり前のことですが、
私が狙っている短期急騰株は

「短期間」での急激な資金の流入が
背景にありますから、

ブームや思惑が過ぎると
それだけ速いスピードで資金が抜けて、
他の銘柄に入っていきます。

ですので、
急騰に便乗して利益が取れたからと言って
安易に追うのではなく、

資金が抜けるタイミングを
常に頭に入れて安くなるのを「待つ」
ことも忘れないでください。

それでは、今日はこの辺で(^-^

ウルフ村田


パワーの注入できてますか?

2017.05.19
koushi_yoko01

From:高橋陽子
自宅のトレードルームにて、、、

今日のブログは日の出の朝日を
浴びながら書いています。

何故、日の出を全身に浴びつつ
ブログを書いているか?というと。

私が少しエネルギー不足だからです。
ちょっとした電池切れなんですね。

太陽からエネルギーをもらい。
パワーを充電しながらのブログ書きです(^^♪

最近、日の出を見たことがありますか?

太陽のパワーを全身に感じたことは
あるでしょうか?

スピリチャルなお話しではありませんけれど。

皆さんが毎日忙しく生きていますから
あえて太陽を感じて生きることが
出来ないことも多いでしょう。

地球上のあらゆる生き物が太陽の
エネルギーなしでは生活ができません。

全ての生き物が太陽の恩恵を受けて
生きています。

人間も動物も植物も全ては
個のエネルギー体だと考えています。

エネルギー体であるからこそ。

共鳴しあったり、反発しあったり
もしますし、パワーが強い人と
弱い人も存在します。

少し大きな話になってしまったので
話をもっと身近にしてみましょう(笑)

トレードをする際に、エネルギーを
充電していない。

もしくは電池切れみたいな状態ですと
やっぱりトレードは上手くいきません。

凡ミスも多くなりますね。

その場合、ある一定期間に何度か、
パワー充電する必要があるのですね。

その充電がうまくいかないと。

結構、やっかいな問題がでます。

トレードの結果が思わしくなかったり。

生活全般にも、支障が出たり
仕事にも成果がでなかったりするのです。

ウツにもなりやすくなります。

ですから、「充電、蓄電する時間」
これをしっかり取ることが
重要なのです。

今日の私の様に、太陽のエネルギー
つまり、朝日を全身に浴びて
充電するもよし。

ちょっと遠出して森林浴するのも
良いでしょう。

どちらも予算がかからずにパワー充電
できる方法です。

これにより、自身のトレードも再確認できたり。

生活全般の再確認ができたり。

または、新しいアイディアが浮かぶかも
しれませんね。

現代人は常に時間に追われています。

追われているからこそ。
たまに時間を取って。

少しでも良いので、パワーの
充電を心がけてくださいね。

人間関係の中で、人にパワーを奪われて
しまう事態もあったりします。

特定の人々の中には人のパワーを
奪って生きている人もいます。

そんな時も、常にパワーの充電を
心かげていれば。

強いエネルギーを発し、周りを
圧倒することもでき、パワーを
奪い取る人にも対抗できるのでは
ないでしょうか♪

当たり前に存在している太陽の恩恵。
たまにキャッチしてパワー充電
してみてくださいね。

誰の為でもありません。
より良い自分の生活、健康のために
なります。

特に最近、パワー不足を感じているならば。
ちょっとの早起き。

ちょっとの時間のエネルギー充電を
お勧めしますよ(^^♪

高橋陽子

<編集部のオススメ>
FXとチャートの基本はこのセミナーで攻略!

プロが実践する
安定的な戦略を知利たい方は
是非ご参加ください。
↓↓↓
http://japan-i-school.jp/jim/kujira_170527/


[Video]相場持合時のポジション取りについて

2017.05.18
koushi_fujii01

From:藤井百七郎
名古屋の自宅より、、

おはようございます。
藤井です。

GW明けから持ち合いが続いていますが、

今日は、日経平均のチャートを見ながら
今後どのようにポジションを持っていくべきか?
という話です。

トレンドが出てから入るのもいいですが、
出来れば動き出す前にどう仕込んでいくか?
動画で解説していきます。

↓ ↓ ↓ ↓

利益が出ずに苦しい方もいるかと思いますが、
まずは正しいポジション取りで月に数度発生する
良いトレンドに乗れればいいと思います。

やはり日経平均が2万円を超えるかどうか
という点を見ながら、

上下どちらでも良いような
空売りのポジションを取っていきましょう。

藤井百七郎

<本日のオススメ>
投資について不安がある方へ

あらゆる経験をしてきたベテラン講師、
しかも70歳を超えて未だに現役で
稼ぐことに特化した現役トレーダーが

あななたの不安や疑問に
率直にお答えします!
もちろん、塩漬け株の判断も可能です。

どうしたら勝てるか見当がつかないという方は
是非この相談会へご参加ください。
http://j-i-s.info/j-i-s/ryujiji_170523/


日経平均に勝てないワケとは?

2017.05.17
prof_okumura

From:奥村尚
東京のオフィスより、、、

おはようございます。

奥村です。

本日は、日経平均のリターンとリスクについて、
お話したいと思います。

株式に限らず、資産運用をする場合、
その収益(正確には額ではなく、
元本に対して増えた比率=投資収益率=リターン)

を測定して数値化します。

たとえば、100万円を1年間 運用して
109万円になったら、
リターンは(109-100)/100 =9%ですね。

日本株運用の場合、TOPIXか日経平均と比べると、
あなたの、わたしの株式運用能力が測定できます。

どちらを使っても結果は同じですが、
日経平均でやってみましょう。

2016年でいえば、1月4日の始値 18819、
12月30日の終値 19114でした。

19114-18819=295、 295/18819= 15.7% です。

1年間のリターンが15.7%。
これは,かなり素晴らしい数値です。

もし、日本株を運用して、この15.7%を凌駕していれば、
あなたの運用成績は素晴らしいといえます。

おそらく、大半の方がこれに及ばないと思います。

日経平均に勝つ方法というのは極めて難しいので、
これに負けたからといって、恥じる必要はありません。

この半分、7.8%程度を達成していれば、まずまずと思います。

なぜ、日経平均に勝てないのでしょう。

昨年に関しては、
ブレクジットで痛い目に会った投資家は、
羹に懲りて膾を吹く
(あつものにこりてなますをふく)

例えのように、トランプの時にも投資を手控えて、
トランプラリーに乗ることができなかった、
という事情もあるでしょう。

しかし、昨年に限らず、
日経平均に勝てる株投資をおこなうのは、
難しいのです。

これをリスクの面から説明してみます。

株式投資をする以上、
市場固有のリスクは避ける事ができません。

市場全体が暴落しているとき、
上がる銘柄は(ほとんど)ない状況を
思い浮かべるとわかりやすいでしょう。

このリスクを「システマティックリスク」と呼びます。

特定の銘柄を購入する場合は、
市場固有のリスクに加え、
その銘柄固有のリスクも存在します。

たとえば、東電、シャープ、東芝という会社は、
その会社固有のリスクがあった(今もある)ので
市場の動きとは関係なく大きく下がった、
といえばわかりやすいと思います。

これは、アンシステマティックリスクと呼びます。

日本株の場合、日経平均という指数は、
まさに市場そのものなので、

市場固有のリスクがありますが、
証券固有のリスクは分散されているので、
リスクの合計は極小です。

銘柄固有のリスクは極小であるため、
非常に投資効率の良いポートフォリオである、
といい変える事ができるのです。

ここで説明した内容は、
証券投資理論を使うと数式で示せますが、

個別に株式を買っても
なかなか日経平均に勝てない理由がここにあるのです。

あなたが勝てない相手=日経平均には、
それなりの負けない理由があるのですね。

では、また来週をお楽しみに。

奥村尚


<編集部のオススメ>
株トレードを「技術」に昇華させ、
誰にでも実現可能なスキルとした
株式トレード界の大人気講師登場!

JIS読者限定の特別体験セミナー開催決定です。
詳しくはこちら↓↓↓
http://aiba-kabu-seminar.info/aiba/tokyo_170529/


株からの不安を断ち切る方法

2017.05.15
koushi_fujii01

From:藤井百七郎
成田空港のロビーにて、、、

株を持ってると不安で不安で…

耐えきれなくって手放しちゃうんですよね…

せっかくまだまだ利益が伸びるはずだったに

もったいないですね。。。

それ以外にも…

株を持ってると気になって気になって

仕事が手につかないんですよ…

株は持ってるだけでストレスや
プレッシャーがあります。

株からの不安を断ち切ったり、うまく

付き合っていく方法はないのでしょうか…

あります!

最近、哲学を学んでいるのですが

面白い考え方があったのでご紹介します。

マルティン・ハイデガーという哲学者が言った言葉です。

「恐怖はなくせるが、不安はなくせない」

もうひとつ深く掘って話すとこういうことです。

「恐怖には対象があるが、不安には対象がない」

例をあげて説明しますね。

例えば、あなたの部屋の扉が誰もいないのに

勝手に開いたり、閉じたりしたとします。

寝ていると見えない誰かに首を絞められたとします。

とっても恐いですね…(汗)

とっても恐いんですが、解決できるんです。

なくせるんです。

なぜなら、これは恐怖だからです。

扉を開けたのが誰かとか、首を絞めたのは誰かと

特定のものを確定はできませんが、

これは心霊現象だというのは確かです。

心霊現象という”対象”があるのです。

対象があるものは不安ではなく恐怖です。

恐怖はなくせるのです。

霊媒師などの専門家に来てもらって、

お祓いやお札なんかを貼ればそれで解決です。

もう扉が勝手に開いたり、首をしめられることもありません。

とっても大きな恐怖であっても

対象がある恐怖はなくせるのです。

さて、話を株に戻すと、

株を持っていると不安で不安での不安は

ほんとうに”不安”なのでしょうか…?

対象のない、解決できない”不安”なのでしょうか…?

株が不安だという人に何が不安なのか

よくよく話を聞いてみると

だいたいこんな答えが返ってきます。

「今ある利益がなくなってしまいそうで…」とか

「ここからもっと下がって損が大きくなったら嫌だ」

なんて答えが多いですね。

あれっ、何が心配なのかちゃんと分かってるんですね。

何が恐いのか見えてるんですよね。

何が心配なのか”対象”があるんですよね。

ってことは…

不安だ不安だと言っていた株の不安は

不安ではなくて、”恐怖”だったのです。

恐怖はなくせるということでしたね。

そうなんです!

株からの不安(恐怖)はなくせるのです。

心霊現象の恐怖には霊媒師を呼ぶという

解決法があるように、株の恐怖(不安)にも

解決法はあります。

解決法はいくらでもあります。

今ある利益がなくなるのが恐いのであれば、

最初から頭としっぽはとれない事実を知っておけばいいですし、

MACDなどを使った利益確定のルールを

もっておくことも有効です。

もっと損が膨らむのが恐いなら、ロスカットのルールを

決めておいて、パソコンに設定しておけばいいです。

ロスカットになったらどうするかと次の作戦を、

最初から立てておけば、

もう何も恐くないですね。

株を長くやっていくためには、なるべくストレスを

ためずにやっていく術を身につけなくてはいけません。

株を持っていること自体がストレスになったりも

しますが、それは解決できるものであることを

知っておいてください。

株での不安…

それは不安ではなくて、ただの恐怖です。

なくすことのできる恐怖なのです。

株と長く上手に付き合って、

あなたのライフスタイルの向上に役立てていきましょう(^^♪

藤井百七郎

P.S.
下落への恐怖を解消する1つの方法として、
空売りを覚えることをお勧めします。

慣れるまでの実践が不安だったり、と
少しハードルはありますが、

一度、身に付けてしまえば、
これほど大きく利益に関わる
スキルはないでしょう

http://j-i-s.info/j-i-s/karauri_170528/


トレードと生活の相乗効果を狙おう!

2017.05.14
koushi_yoko01

From:高橋陽子
自宅のトレードルームにて、、、

先週はGWでゆっくりお休みされ方も
多いかもしれませんが、
ようやく通常モードにもどってきましたね。

ちなみに、休みの前後は、
体調、気力共に、どのような
状態で過ごされましたか?

GWといった長期の休暇の過ごし方。
これってかなり重要です。

なぜかと言うと、その時期の過ごし方で
その後のメンタルなどの状態がかなり
影響し、変化するからです。

長期休暇後、スパートをかけて
仕事をしたい。

もちろん、トレードもしっかり
やっていきたい。

そんな方は、長期休暇を有効的に
活用しましょうね。

そんな事を言われても、もう
お休み終わっちゃったし。。。

と、思われるかもしれませんが、
あっという間に次は夏休みなどもありますね。

そんな時にやっぱりやって欲しい事なんです。

常日頃の忙しさにかまけて、やってこなかった
事をして欲しいのです。

たとえば。

忙しくて後回しにしていた提案や
新しいプランなどを
ゆっくり考える時間として活用するのも
よい案です。

温めていたプランを実行に移すにも
ある程度の時間をかけて計画を練る必要が
あります。

しかし、忙しい現代ではなかなか時間は
取れないでしょうから、長期休暇は
ピッタリなのです。

もしくは。

「断捨利」もいいですね。

これは、私も年に数回やっています。

・取っておくべき仕事の資料と
 もう期限切れの仕事の資料

・あっという間に増えていく洋服

・誰だかもわからない名刺の山

今回は、この部分の断捨利をして、
なんとゴミ袋6袋ぐらい処分しました。

とにかく書類が多かったこと!!
無駄な情報や、古い情報は徹底的に
処分しました。

年に数回やってもこんなに処分するものが
出てきます。

今、家にあるものは、数日後か、数週間後か
もしくは数年後、長くても週十年後に
必ず処分しなければならないはずです。

究極を言うようですが。

大事に取っておいたとしても。

自分が死んだ時には、誰かに処分をお願い
しなければならない。

そう思うと、早めの処分なんですね。

一見、トレードとは関係ないように見える
断捨利ですが。

これを実行すると、トレードにも良い影響が
出てきます。

モノを処分している間に、脳もスッキリして
いますので、断捨利後は、ひらめきが増し
目的意識などがはっきりします。

つまり、トレードに無駄がなくなります。

分析においても、今、最適ものは何か?

とのクセがつき、最適な分析手法を
選んで行うことが出来るようになります。

生活とトレードは密着していますから、
片方を強化すると、もう片方にも
波動的に効果が現れるのです。

この断捨利は人生全般の成功のルール
としても有効です。

是非、身の回りの「不用品」はしっかりと
見定めて、処分していきましょう。

「過去」ばかり大事にしてはいけません。

ご自身の「今」を最優先で大事にして
あげてくださいね(^^♪

高橋陽子

<編集部のオススメ>
今が上昇相場であったとするなら、
必ずどこかで下げるタイミングが
やってきます。

そんな時、あなたはどうしますか?

どんな相場状況にも対応できるスキルを
すぐに手に入れたいという方は
このセミナーへお越しください。
http://j-i-s.info/j-i-s/karauri_170528/