作成者別アーカイブ: ジャパンインベストスクール事務局

逃した銘柄がストップ高…

2018.04.16
koushi_fujii01

From:藤井百七郎
名古屋の自宅より、、、

「えーっ嘘だろう???」

私は地団駄を踏んで
悔しがりました…

いつものように後場14時から
銘柄を探しているとき、
何気なくストックしておいた
監視銘柄を見ていると

後場から急騰して
ストップ高になった銘柄が
あったからです。

「え〜〜〜っ、狙ってたのに〜〜〜!」

6025 日本PCサービスです・・・

その日は木曜日。
四季報の内容が更新されているのを思い出し
午前中にちらほらと銘柄を探していると
目に止まったのがこの銘柄でした。

最新号比修正率 233%
四季報と会社予想かい離率 317%

こっ…これは…すごい…!!!

湧き上がる興奮を覚えつつ
チャートを確認しました。

しかし、その日、その時は
まだピクリとも動いていませんでした…

ちょうど75日移動平均線あたりをウロウロ…
株価は600円くらい。

それでも、更新された業績予想から
上値目途を計算してみると
なんと倍の1200円!

「みんながこの事実に気が付いたら
これは絶対に上がるな…」と

私は踏んだのです。

ところが、
私はそのときに買いませんでした…(^^;

私、昔から買い物は
する前によく考えるタイプなんです…(汗)

洋服なんでもそうなんですが、
いいなと思ってもすぐには買わずに
よく考えてしまう。

この変な癖が
ここで出てしまいました(^^;

まあもうちょっと様子見してからね〜とか
他にもっといい銘柄ないかな~と思って、
そのまま後回しにしちゃったんですね。

そしたら、
その日の午後に
ストップ高に張り付きました…

トレーダーのみなさんでしたら
このときの私の気持ちを
分かっていただけると思います。

見てなかった銘柄がストップ高になっても
別になんとも思いませんが、
見ていた銘柄がストップ高になると、
その悔しさは宇宙レベルです。

悔しくって、悔しくって、
買わなかった自分が
腹立たしくて仕方ありませんでした。

本当に悔しかった…

いやはや、お買い物や嗜好品なんかを
よくよく考えて買うのはいいことなんでしょうが、
やっぱり株はタイミングなんですね。

銘柄を買うな、時を買え!

この格言を実感した日でもありました。

いけると”踏んだ”銘柄は、
やっぱり少なからずとも
入っておくべきだと痛感…

ただし、根拠もなく
いけると”思った”銘柄を衝動買い、
なんてのはダメですから
気を付けないといけません。

それでも、せっかくの投資機会。

やっと見つけた”本当にいい銘柄”は
その時に入っておかないと、
逃げちゃうもんなんですね…

見つけたそのときに入るためには、
入れるようになるためには、

きちんと、裏付けされた
買いの理由をすぐに見つけられる技術。

それから、結論や判断は手際よく、
すぐに出せるように
日頃から練習しておくことも重要です。

今回逃した銘柄は
大きかったわけですが、
次回は逃さないように
私も精進していきます。

みなさんも見ていた銘柄だけは
逃さないように
気を付けてくださいね(^^♪

藤井百七郎

<編集部のオススメ>
FXチャートの見方を劇的に変える
秘伝のノウハウを伝授します。

非常にシンプルで
確立されたこのノウハウは
プロも実際に活用する必勝理論。

それでも気にならない方は
クリックしないでください。↓
http://japan-i-school.jp/jim/kujira-180428/


勉強すれば勝てると信じて勉強しました。

2018.04.15
admin-ajax

From:谷口洋章
自宅の書斎より、、、

おはようございます。
谷口です。

トレードを始めたころ
たくさん勉強をしました。

その結果、、、

まったく勝てませんでした。

勉強しすぎると勝てなくなる?

有名トレーダーやヘッジファンドが
どのように利益を出しているのか?

そのためにどんな知識を付けたらよいのか?

株式が良いのか、先物が良いのか?

為替?

CFD?

デイトレ?

スイング?

システムトレード?

トレードスタイルや投資商品は何が良いのか?

などなど。

さらに、テクニカル分析が良いと知ってからは
移動平均線、ストキャスティクス、MACDはもちろん
RCI、ボリンジャーバンド、一目均衡表
フィボナッチやギャン理論。

・・・

勉強すれば勝てると信じて勉強しました。

なのに勝てない。
買うと下がるし売ると上がる。

今は何故そうだったかがわかります。

いろんな方にトレードをお教えさせてもらっていて
まじめで勉強熱心な方はたくさんの手法やテクニカル
ファンダメンタルなどを一生懸命勉強しています。

ところが、勝てない、、、

理由は、、、

「勉強のしすぎ」です!

スイングの考え方をデイトレでやったり、
長期投資のテクニカルをデイトレで使ったり。

はたまた、
トレンド理論を逆張りで使ったり、、、

要するに、
いろんな投資スタイルを勉強したために
一貫性が無くなってしまっていることが
勝てない理由でした、、、。

自分でも同じような時期があったからこそ、
この状態の苛立ちと焦燥感はよくわかります。

一度混沌とし、
からまってしまった脳みその糸くずは
なかなか自分では解けません。

誰かに解いてもらって
1からやり直ししてください。

いままでの糸くずは捨てて
新たに知識を織り込んでいくしかないのです。

このやり方が良いと学び始めたら
他の方法は捨ててください。

一度そのやり方をものに出来るまで頑張ると
そのほかのやり方も分かるようになります。

信じられる「1つのトレード方法だけ」を
まずはマスターしましょう!

谷口洋章

<編集部のオススメ>
あなたはトレードに
才能が必要だと思いますか?

もし必要と思うなら、
その才能が自分にあると思いますか?

自信がない・・・という方も安心してください。
ただ、「天才のやり方」を盗めば良いのです。

詳しくはコチラから


このままだと…事故ります

2018.04.14
koushi_wolf01

From:ウルフ村田
都内の自宅より、、、

こんにちは。
ウルフ村田です。

あっという間に
4月も折り返し地点!

今年の大発会から毎日動き回って、
休みがほぼ無い中でしたが、
仕事や皆さんへの情報発信に夢中で、

あっという間に
過ぎ去ってしまった感じです(^-^

ちなみに、仕事の合間に
私はよく書店に立ち寄り、
株の本を眺めて買っていくのですが、

私が買った本って、
しばらく時間が経ってもピカピカなままなんです!

なぜかというと、
全然読まないからなんですね!笑

これにはちゃんと理由があって、
最初の1ページからすっと読むと
眠くなってしまうのと、

実際どの本も書いてあることは
9割(実感値です)
同じことなんですよね。

他とは異なる1割を読んで
勉強できればいいですし、

逆に、他とは異なる1割にお金を投資できるか?
が分かれ道だとは思います。

余談はこの辺りにして、
私は日々皆さんには

「どんなに上がる銘柄でも暴落があるから、
必ず逆指値を入れてほしい。
(特に兼業トレーダーの方)」

とお伝えしています。

値動きの上下が激しい新興株だと
逆指値もすぐ引っ掛かってしまい、

もったいないという理由で逆指値を入れておらず、
結果、暴落時に大損したという
話を聞きました。

確かに、逆指値を買い値近辺でいれると
すぐに引っかかって、私自身も
残念な気持ちになることもありますが、
 
工場の機械操作でも
「安全レバーかったるいな~」
という気持ちで、

安全レバーを外した途端、
死亡事故が起こります。
  
ですから、
暴落がいつ来てもいいように

逆指値で安全を担保して
ほしいと思います。

とはいえ、
何度も逆指値に引っかかって
「損切り貧乏」になってしまうのも
嫌ですよね。
  
そこで、心置きなく、何度も売るために、
手数料の安い口座が必要です。

なのでぜひ、
手数料の安いネット証券の口座を開いてください!
 
対面の証券口座だと1回売るごとに
手数料が数万円、また売るごとに数万円と、
かなり高額です。。。

しかし、その
「ああ手数料勿体ないな~」と
思う心が一瞬の命取りで、
その間に株価はガンガン下がります。
 
「手数料が高い!」
 ↓
「もう少し待ってみよう」

という心理状態で、
 
損切りのタイミングが一歩遅れるのです。
 
そして、最終的に被る損失は、
手数料どころの話じゃありません。

対面の口座しかお持ちでない方も
いらっしゃるかもしれませんが、

損切りの際に心置きなく損切れ
納得して売ることができる、

ネット証券の口座は強力です。

特にライブスター証券やSBI証券は
他のネット証券会社と比べても
手数料がかなり安いのでお勧めです。

急騰銘柄を狙う時、
暴落時に空売りをかける時、

何をするにもそうですが、
攻めの姿勢を取っている時こそ
守りもしっかり固めてくだいね♪
 
来週も頑張りましょう! 

ウルフ村田


コーヒー一杯の恩義。

2018.04.13
koushi_yoko01

From:高橋陽子
都内のカフェにて、、、

会社員だった頃の話です。

会社員と言っても、末端の派遣社員。
なんとか派遣先の会社になじもうと。

朝は一番乗り。

社員の皆さんの机を拭き。
社員の皆さんが出勤する頃には
コーヒーを入れ。

電話もまっさきに取り。

電話取りだけは苦手でしたが(汗)

なんて事をしてた時代です。

今の派遣は派遣業務以外の業務は
しないとの事なので、
完全に一昔前の話になりますね。

会社にお客さんが来ると。
「ちょっとお茶入れて~」

とお声がかかります。

社員と業者の方との打ち合わせが多く。
その打ち合わせの場にお茶を
持っていく事が多いのですが。

「そのぐらい自分で入れればいいのに。」
と、内心思っていました。

だって、コーヒーがなくなったら。
いつも新しいコーヒーを補充していましたし。

後はカップに入れるだけなんです。
コーヒーとテーブルの間は1m弱。
圧倒的に自分でやった方が早いんですね。

「私がやらなくても。。。」
なんて思いました。

それでも。

お願いじゃなくって、命令ですからね。
なんたって吹けば飛ぶような派遣の身ですし(汗)

お茶というか、コーヒーを入れて
お出しするのも業務の一環。

ぐらいに割り切っていたのです。
でもですね。

思わぬ効果がありました。

皆さん、コーヒーを入れて出してくれる。
それだけで笑顔になっちゃうんですね。

で、結局、その笑顔が私も嬉しくて
仲良しになったり。
ちょっとお話ししたり。

と業者さんの知り合いが増えていました。

そんな時に。
私も派遣から自営になり。

個人で自宅で仕事をする急展開になりました。

つまり、今までコーヒーを出していた
業者さんと同じでその会社の業者になったんです。

そうしたらです。
やる事が急にレベルアップして。

右も左も分からない。

ちょっとしたパニックになってしまう
お仕事もありました。

もちろん、自営業のノウハウもありません。

そんな時に。
一番、色々教えてくださったり。
助けてくださったのが。

業者の皆さんでした。

一宿一飯の恩義ならぬ。
コーヒー一杯の恩義でしょうか(笑)

いろんな事が、周りまわって
自分に還ってくるなぁ。

と、妙に納得しましたし、

派遣、社員、業者、という壁自体を
私が一番作っていたのかも。

と、反省もしたのです。

そんな経験があるので。
トレードで成功しても。

セミナーなどで「先生」と言われたとしても。

驕らずに行こうと考える土台になりました。

今、思えば、非常にありがたい
経験をさせて頂きました。

じゃなかったら、勘違いの天狗に
なっていたかもしれません(大汗)

現在、自営業を廃業し、
トレーダー兼講師となって6年が経過しました。

デイトレとスイングの生徒さん合計すると。
4000名近くの生徒さんを見てきたでしょうか。

生徒さんも自分の下に生徒さんが来ると。
段々、先輩になり。

先輩として初心者の方に
模範となってくれるような
方が出たりします。

そういう方を見ていると。
心から嬉しくなりますね♪

また、トレードもですが、驕ることなく。
日々、精進するのが、一番の上達の近道です。

人生もトレードも同じなんですね。

千里の道も一歩から!

驕らずに精進していく。

に限ると考えています。
皆さんも、焦る必要はありません。

着実に力をつけて、
一歩ずつ前進して
まいりましょうね(^^♪

<編集部のオススメ>
トレードで「正しい負け方」を
理解されていますか?

この意味が分からない方は
トレードを行う前にぜひ見て下さい。

あなたの大切な資金を失う前に、
または自分の手法を改善したい方に
必見の内容です。

http://japan-i-school.jp/jim/kujira-180428/


IPOセカンダリ市場での失敗談

2018.04.12
koushi_fujii01

From:藤井百七郎
名古屋の自宅のオフィスより、、、

今回はチキンハートな私の失敗談です。。。

最前からご紹介していますが、
このところはIPOセカンダリ市場で売買しています。

日経平均自体がどっちに行くのか
とても読みにくい中で、
この市場はとても有効です。

また資金がこの市場に逃げ込んでいるため
値幅も大きく、利益もよくとれています。

ところが、ところが・・・
やはり私も人間でした。。。(汗)

これまでの常識が頭の中にあるんですね~

いわゆる「メンタルブロック」ってやつです。
こいつのおかげでもっととれたのに

ちょびっとで手仕舞ってしまいました。。。

その悔しい思いと反省はこちらから(^^♪

 ↓↓↓

<編集のオススメ>
安定したトレード手法が知りたいあなたへ。

稼いだトレーダーの
話を鵜呑みにしてはいけません。

短期的に稼げた。
たまたま運がよかった。
ただそれだけでも稼いだことになります。

こちらでは40年実績を積み重ねてきたプロトレーダーが
実際のチャートを交え、

あなたの目の前で着実に勝ち続ける手法をお教えしています。

http://japan-i-school.jp/jim/180418_seminar/


(続)役立つPERについて

2018.04.11
prof_okumura

From:奥村尚
東京のオフィスより、、、

おはようございます。

前回の続きをします。

PERという指標をみて、相場の適正水準を判断する、
という話でした。

株価を決める二大要素、割安/割高さ稼ぎのうち、
割安/割高を表すものです。

今の株価がもうひとつの要素である
稼ぎの何倍であるか、という倍率です。

不動産投資でも、似たような尺度があります。

月の家賃200倍が基準とされていて、
たとえばこう使います。

問:家賃に換算すると12万円が相場であるマンションがある。
適正価格は?

答:このマンションの適正価格はその200倍、
つまり、12万円x200=2400万円である。

これを使うと、このマンションが
1900万円であれば割安で買う価値があるし、

3000万円であれば割高で買う価値がない、
という目安ですね。

不動産の場合、利回り6%を目安として判定する場合、
ちょうど家賃の200倍で買うと6%の利回りが達成できるので、
計算しやすさもあって、普通に使われています。

ちなみに、200倍=200ヶ月で元本を
回収できるという事であり、これは16.7年です。

200倍を超えると割高、
200倍以下なら割安なのですね。

株式に話に戻すと、PERは200倍、
という数字と同じ意味を持つ考え方なのです。

個別の株式でもこうした考えは使えますが、
ここでは、日経平均で使ってみます。

家賃に相当する’稼ぎの尺度’は、
一株当たりの利益(EPS)を使います。

日経平均の基準は、PER14倍-16倍です。

参考までに、2月以降のPERのグラフを作りましたのでご覧ください。

ret risk


前回、PER13倍が最低レベルであろうと書きました。
昨日の時点で、日経平均の一株当たりの利益は1700円でした。
PER13倍の株価は、

1700 * 13倍=22100円

お、あと少しで届きます。
でも、これは最低でも、
これだけの価値はある、という基準でしかありません。

普通であれば、14倍 – 16倍で計算すべきなのです。
ちなみに、14倍とすると、

1700 * 14 = 23800円

ですから、22100円に到達しても、
まだ1700円も上昇する伸びしろがある事になります。

16倍とすると、

1700 * 16 = 27200円

さすがに、ここまで上がることは、
今はちょっと想像できませんが、、、

今の水準は、株価が戻してきたと言いながらも、
まだまだ水準は割安である事がわかると思います。

ではまた次回。

奥村尚

<編集のオススメ>
実は投資を始めたほとんどの人が、
あるルールを知らないばかりに

利益を得られずこの世界から撤退するのです。

あなたも投資を始める前に、
ぜひこの動画を見て下さい。

無料で公開していますので、
あなたの今後の糧として下さい。

http://japan-i-school.jp/jim/hk2018_rule/