カテゴリー別アーカイブ: 谷口洋章

負けが負けを呼ぶ!恐怖のループを断ち切るには!?

2018.03.11
admin-ajax

From:谷口洋章
自宅の書斎より、、、

おはようございます!

谷口です。

今年の冬は大荒れでしたね。

丁度北陸が大雪の時に、日経平均が下落し
天気が安定した時に日経も安定してましたが
ここ最近またまた荒れてしまいました。

このめちゃくちゃ不安定な時にやってしまうのが
ロスカットを躊躇して負けが深くなり

下がった所の反発で巻き返そうと焦った挙句
全て相場に持って行かれてしまう、、、

負ければ負けるほど、
焦りが出るのは当然ですが

慎重さを通り越して大胆な賭けに
出てしまうのもこんな時期です。

これは人間心理によるものなので
誰しもが陥ってしまう「相場の罠」になります。

この罠にはまらないようにするための秘策…

大損したあとは「休む」
焦ってしまうと相場に飲まれてしまいます。

大きく損を出すと本来のトレードを忘れ
カンを頼りに相場に挑むようになり、

例え1度や2度巻き返せたとしても
いずれ必ずやられてしまいます。

トレードを始めたばかりの方は特に
自分のことのようだと感じるかもしれませんが、
それもそのハズ。

これは、全ての人がやってしまう事なのです。

この感情に振り回されて
すぐに取り戻したくなったら、
その場を離れ気分を紛らわして、
冷静になることが大切です。

これは、負けた後も大事ですが
大勝ちした後も必要なんです。

いつもと違う状態になって
気分がおかしくなったら
まずは頭を冷やしてください。

相場は思い通りには動きません。

だからこそ冷静さが大切になります。

とはいえ、皆がやってしまうことなので
このような事になったら、
良い経験と考えて次回に活かしてください。

そういう僕もその一人
あの時の感覚が今は、
経験となって活きています。

「失敗は成功の母」

今、失意の人は
しっかりと胸に刻んでくださいね。

それでは今日はこの辺で、、、

谷口洋章

PS.
今でこそ僕もこんな風に
冷静な意見を言うことができますが、

そのための支えとなるのは
やはり「勝てる」という自信です。

その自信を持つために
特に初心者の方にお伝えしたいのが
今が旬のIPOセカンダリー投資です。
http://japan-i-school.jp/jim/seminar_ipo180320/

意外なメリットがたくさんありますし、
何より「勝つための投資」がしやすくなります。

ちょっとでも迷いや悩みがある方は
是非、ご参加くださいね。


4.3倍上昇!今年はIPOの当たり年!?

2018.03.04
admin-ajax

From:谷口洋章
金沢の自宅より、、、

おはようございます!

谷口です。

今年最初のIPO銘柄「Mマート」

毎年最初の上場銘柄は過熱するものですが、
公開価格1,240円から333%の騰落率

倍率で4.3倍の上昇となり
初値はなんと5,380円!

124,000円で抽選が当たっている人は
414,000円の利益となりました!

当選されたかた、おめでとうございました!

25日上々のジェイテクコーポレーション
こちらはベンチャー系の最先端企業とあって、
大人気となり、公開価格2250円。

初値9700円となり、騰落率331%
金額にして100株で745,000円も上昇しました!

その後も勢いは止まらず、現在12520円
初値買いの銘柄でしたので、なんと
100株282,000円の利益です!

毎年3月はIPOがたくさん出来てますが
今年は例年にも増して賑わいそうですね!

3月上場が認証されたIPOが14銘柄
今年は100銘柄を超える勢いです!

日経が下げても上がるIPO銘柄で今年の景気の良さが伺えます。

Mマートもそうですが、
ガンガン上がる銘柄を見て
高値掴みにならないように気を付けて下さい!

IPOはある意味読みやすいので、
しっかりと見極めができれば、
ローリスク・ハイリターンが狙えます。

でもそれは、あくまでも
見極めができることが条件。

「何の検証もしないまま、
 自分の妄想だけでエントリー」は、

当たり前ですがハイリスク・ローリターンになります。

もし具体的な方法が分からない方は
私の主宰するIPO研究会で詳しくやっています(宣伝です。笑)

まずはパターンを知るところから始めてくださいね。

さて、
今年は2007年以来の上場ラッシュになるとのことで
たくさん利益を取っていきたいと思っています!

と言う事で今日はこの辺で、、、

谷口洋章

PS.
ちなみに、IPO研究会の体験説明会を現在企画中です。

3/20(火)を予定しているので、
時間と場所が決まり次第、
事務局からお知らせが行くと思います。

3月のラッシュを利用して、
ここからしばらく稼ぎ時ですので、
その戦略もお伝えします!

これさえやっておけば高値掴みも怖くなくなりますよ。


簡単必勝、ローソク足と需給の関係

2018.02.25
admin-ajax

From:谷口洋章
金沢の自宅より、、、

おはようございます!

谷口です。

冬の大寒波も落ち着いて、
気温も上がってきましたね。

日経平均も順調に回復し、為替も戻ってきました。

下落相場に変わりは有りませんので、
日経平均に連動する銘柄は
空売りを視野に入れておきましょう!

IPOはこんな相場は絶好のチャンスとあって
良い銘柄がたくさん出てきて絶好調!

一旦下落後、
安いところを拾いに行く戦法が
ばっちりはまっています!

3月上場の銘柄も7社となり、
今年も元気いっぱいになりそうです!

今日は簡単必勝、ローソク足と需給の関係のお話です。

ローソク足とは、1日の価格の変動をグラフ化した、
世界に通用する日本の発明です!

始値と終値をローソクの実態として
高値と安値をヒゲで表したのこの形。

暴落や暴騰では長いローソクとなり
売り買いが無くなると小さなローソクとなります。

ここに需給そのものが反映してきます。

・そもそも需給とは?

・日本語にするとなんか難しそう?

・英語にするとオークション?

ヤフーオークションをした事があれば
分かると思いますが

人気のある、、、

すなわち買いたい人がたくさんいると
入札数が増えて金額が上がってしまいます。

買いたい人が少ないと値段が上がりません。

昔、オークションで出品した時のエピソードを1つ
何気なく出品したKISSの楽譜
100円でもいいやと思って出品したところ
ななな~んと7000円で売れてしまいました。

入札数も100を超えていたと思います。

一方、Deep Purple再結成の大阪城公演のパンフレット
絶対1万円超えるだろうと1円でスタート!

入札1件で1円で落札!

ワオッ!

思いとは裏腹にKISSのほうが人気があったのでした。

そうです。

「自分が思っている事」と「市場が思っている事」は
必ずしも一致しないのですね!

この時の最初の金額から落札までの金額の差が
ローソク足の長さです。

この時のKISSの楽譜、
そのあと調べてみたら
かなりの高値で取引されていました。

株価にはこのスタート金額(始値)と
落札金額(終値)以外に高値と安値があります。

この高値までの上ヒゲ
安値までの下ヒゲ

それぞれタダのヒゲとか線ではありません。

上ヒゲは陰線
下ヒゲは陽線

ですので上ヒゲは売りたい気持ちの長さ
下ヒゲは買いたい気持ちの長さです。

さてさて、この実体、
上ヒゲ、下ヒゲの構成から需給を見て行くわけです。

チャート形状で下から上に上がる時の長いローソク足は
買いたい気持ちが強く、たくさんの人が買っています。

その後たくさんの人が買っていると
いずれ売りたい気持ちが出てきます。

今回の暴落もそうですが、
高い値段まで買われると、
たくさんの人が買ってますので
売る時もたくさんの人が売りに来ます。

その為ローソク足は長く陰線となります。

そのたくさんの人が売らなくなると
ローソク足は短くなります。

売る人がいなくなると、
買いたい人が出てきて株価は上昇を始めます。

グランビルの法則に、
ローソク足の需給を足して考えると

一番の買い時のローソク足の形
一番の売り時のローソク足の形

が見えてきます。

さて、答えはチャートの中に有りますよ!

それでは今週はこの辺で、、、

谷口洋章

<編集部のオススメ>

・FX興味はあるけど難しそう
・FXとは何か知りたい
・FXを始めるきっかけがほしい

1つでも当てはまるなら、
今回のセミナーがおすすめです。

FXの入門書を買う前に
まずはこちらをご覧ください。

http://japan-i-school.jp/jim/kujira_180303/
残席3名です!お急ぎください。


今は稼ぎどき?週明け相場はいかに

2018.02.18
admin-ajax

From:谷口洋章
金沢の自宅より、、、

おはようございます!

谷口です。

さてさて、北陸の大雪も
ようやく収まり

日経平均の暴落も
収まりそうな今日この頃

持合いだったドル円も円高に動いたのに
日経平均もダウ平均も上がっています。

もう、マクロも何も関係ない感じですね!

こんな相場はどうしたら
利益が出しやすいのでしょう?

日経平均に影響されにく銘柄を見つけて
買い向かう事ですね!

特にIPO銘柄は
そんな銘柄が多いですから

すでに上昇してきた銘柄が
たくさん出てきました!

さすがに日経平均が
急落すると影響されますが、
その後の動きが安定していて良いです!

為替が円高なのに日経平均が
上がっていると言う状況ですから

まだまだ不安定だと
考えておくと良いですね。

今回の下げは人によって苦しく
人によってはやさしいものでしたが、
次回1~2年後の事も考えておきましょう。

次回はこんなものではないと、
みんな知っています。

アナリストが日経平均が
3万円だ4万円だ5万円だと言っても
30年後の話をしているように僕には聞こえます。

そんな事が今年1年で起こったら
それこそ大暴落が来てしまいます。

ロスカットの技術、
トレードはロスカット。

そのことは肝に命じておきましょうね。

利益は今の間稼いでおけば、
暴落が来ても大丈夫という考え方は
いつの時も要注意です。

リーマンショック、バブル崩壊

起きないとは言い切れないですよね?

それでは、月曜に向けて頑張りましょう!!(^^)

谷口洋章


大雪と日経乱高下にはご用心!

2018.02.11
admin-ajax

From:谷口洋章
金沢の自宅より、、、

おはようございます!

谷口です。

現在株式相場も大変ですが、金沢も大雪で大変です。

数十年ぶりの大寒波で、町はパニック状態!
バスも、電車も止まり、1晩で車は雪の中!
TVアンテナに雪が積もり、TVも見れない状態です。

朝から晩までみんな雪かきに追われて、
体ぼろぼろ、思い出ぼろぼろ…

なんて冗談を言っている場合でもなく、
ここ数日は雪も融けたのに
またまた大寒波だそうです。

「油断大敵、雨あられ」です!

でも久しぶりなので、降る雪の神秘さと
雪かきで生まれるご近所さんとの交流や

はまった車に手を差し伸べる人々の
ほっこりする場面を見ると
このしんどい大雪災害も、結構楽しめるんですよ!

さて、
それどころではないと言っている人も多いと思うので

相場の事も少し、、、

昨日はダウ平均が大きく下げる中、
日経平均も後追いの形で下落しました。

ダウ平均は少し落ち着きが出てきたようにも思いますが
まだまだ、安心はできません。

本当の暴落にならずに済んだのは、
アメリカの景気が良いからです。

ですので、
むしろ「この程度ですんだ」と思いたいところ。

ただし、

投資家心理は少し冷えたので、急上昇して復活!

なんて、夢にも思ってはいけません。

こんな時は、雪見障子から大雪を見物するのが得策です。
災害と戦っても勝てる見込みはありませんから。

冒頭、自然災害の話をしましたので
テクニカルにもこの自然から導いた
数値を使った指標があるのでご紹介をしますね。

日本ではあまり知られていないテクニカルに
フィボナッチリトレースメントと言う自然係数を使った
外国人投資家が好んで使う指標があります。

日本では半値戻しとか、
3分の1戻しと言われるものに相当するものです。

ダウ平均の2016年2月の安値から
今年の1月28日の高値を100として

23.6%
38.2%
50%
61.6%

と線を引き数値が大きいほど抵抗値は強くなります。

今回のダウは23.6%と38.2%の間で反発し
2月5日は終値が23.6%近辺
2月6日は始まり値が23.6%近辺となり反発しているわけです。

ですが、23.6%戻しはもともと弱く
しかも大きく割られているので油断できません。

ストキャスティクスは20%から戻し始めているので
数日は上昇の傾向に入っていますが
まだ、下がってもおかしくない状況と思っています。

背景に流行りの暗号通貨の暴落が止まらない状況も考えます。

あれだけ上昇したものが暴落しているわけですから
株式を取引していた人々の心理にも不安感が出てきて当然ですね。

チャート形状からは、
このまま買い上がっていくような形ではなくなってますし
下落が始まったと言える現在は、空売り目線で挑むと良いですね。

とはいえ、高値圏での暴落ですから、
急上昇、急降下を繰り返すのは致し方ないこと。

乱高下相場に入りますので
買いも、売りも慎重に入ったほうが良いでしょう。

それでは、今日も雪かきで足腰鍛えてきます!

谷口洋章

<編集部のオススメ>
波乱の日経平均。

こういった時には、
世界情勢だけでは語り尽くせいない
ある「危機」が着々と進行しているかもしれません…

あなたが本当に恐怖を感じるべき
損失の元凶は決してニュースには上がってこないのです。

この「ラスト1席」が運命の分かれ道


下落相場で狙うはこの銘柄!

2018.02.04
admin-ajax

From:谷口洋章
自宅の書斎より、、、

日経平均はとうとう24000円台に突入!

…かと思ったのも束の間。

チャネルラインを割り
25日線を割り
13週線と、-1σに救われた日経平均。

日経が大きく下落するとIPOも下げる銘柄が多く出てきます。

こんな時にこそロスカット設定が活きてくるのですね。

危ない時はサッと逃げて、時期を待つ
これが勝ち逃げの必勝法ですね!

ここで日経平均の押し目を利用した売買方法を1つ。

日経平均がガンガン下がっているこんな時なのに、
上がっている、もしくは下がっていない銘柄に注目です!

日経平均は日本の経済指数ですので
銘柄全体に大きく影響するにもかかわらず
日経なんて関係ないよと言っている銘柄。

特にIPO銘柄は多いですが、
こういった銘柄は市場に影響されにくく
独自の強さで動いています。

つまり、日経が落ちたとしても
売りたくない人が多い銘柄ということになります。

ここに需給が見えますね。

こんな銘柄は日経が落ち着くと
大きく回復しやすい銘柄でもあります。

「トレードは需給を見抜く事」

そして

「トレードはロスカットの技術」

なんですね。

日経平均が下がった時ほど、
トレードしやすい銘柄を見つけるチャンスでもあります。

それでは、来週もトレード楽しんでいきましょう!

谷口洋章

<編集部のオススメ>
月100万円の利益が達成できたら、
あなたはどんな生活をしてみたいですか?

このセミナーをきっかけに、
本当にそんな生活を実現した人がいます。

3ヶ月後、半年後の自分を変えたい方は
今すぐご参加ください。

満席間近!今すぐこちらをクリック