カテゴリー別アーカイブ: 奥村尚

トレードの準備運動!眼のトレーニングとは?

2017.01.11
prof_okumura

From:奥村尚
都内の自宅にて、、、

みなさん、オプトメトリーという言葉をご存知でしょうか?

眼を科学し眼をうまく機能させ、
視る力をUpする分野の学問を指します。

人間が得る情報の80%は目から入りますから、
視る機能を向上させることは、大変に重要です。

投資においても、情報を取るのは
ほとんどが眼からになります。

本日は趣向を変えて、投資をするための
準備運動とも言うべき眼のトレーニングについて
お話したいと思います。

眼なんて、トレーニングしなくてもちゃんと使えているし、
きちんと見ているぞ、そうか、視力を良くするトレーニングかな?

と思ったあなた、少し違います。

視力はC環(フランスの医者の名前をとりランドルト環ともいいます)を
使って、目で見る分解力を片目ずつ測定し
数値化するもので世界共通の視力検査なのですが、

これはいわば静的特性といえます
(ここでは、センサー物体としての「目」を、
 人間の視覚を伴う時の「眼」と意図して区別します).

オプトメトリーが説明するのは動体視力であり、
その習得や向上のためのトレーニングです。

このノウハウでトレーニングを行うと、
見る力を向上させることができます。

こうしたトレーニングをビジョントレーニングと呼んでいます。

たとえば、本を読むとき、
行の端まで読むと次の行の先頭文字に焦点を移動しますね。

次の行が瞬時に定まらないと、本を読む効率が下がります。

また、たとえば携帯電話を見ながら歩くときは、
至近距離の携帯電話と歩いている道を同時に

(より正確には、短時間で焦点を切り替えながら)
使いこなす必要があります。

映画館で前の方に座ると、
左右の字幕を読むとスクリーンに集中できないし、
スクリーンに集中すると字幕が読めない事もあります。

スピードのあるボールが近づいてくる時に、
それの中心に正確に当てるスポーツは

テニスや野球のように多いのですが、
これも動体視力に関係します。

最近すたれた感がありますが、3Dテレビも、
左右で目の連動がわるいと立体感が上手に得られません。

その他にも、あらゆる局面でモノを視るというのは
目を開けている限り常時あるといってよいでしょう。

トレーダーであれば、板やチャートを切り替えながら
見ていくことも多く、普通の人より眼を酷使しているかもしれません。

ですが、眼を鍛えると意識している方は
ほとんどいないのではないでしょうか?

僕が時々行うセミナーでも、
短時間で簡単なトレーニングを行ったりする事がありますが、

家庭用のゲームでも、ビジョントレーニングとして
通用するものがあります。

普段の生活や仕事でも役に立ちますし、
仕事力や運動能力もUpします。

株式トレーディングにも有用ですので、
今後トレーニング方法や効能などを
時々紹介してゆきたいと思います。

案外眼のストレスにも効くんですよ。

それでは、次回をお楽しみに。

奥村尚

PS.
本日最終日の新春キャンペーンでは、
僕が推奨する「エッジスクリーニング」
(精度の高い銘柄選定)の講座をご紹介しています。

スクリーニングを活用している人は
意外と少ないようですが、
このやり方でしたらかなり高い確率で
上昇していく銘柄を選び出すことが可能です。

投資は勉強する部分も多いですが、
結局は利益を出してこそです。

スクリーニングを使った銘柄選定は
簡単に良い銘柄見つけられるという点で
みなさんが想像される以上に役に立つやり方だと思いますよ。
http://j-i-s.info/j-i-s/1day_170122/


お正月休みに感じる、IT企業の変化とは?

2017.01.04
prof_okumura

From:奥村尚
サンフランシスコのホテルより、、、

明けましておめでとうございます。

みなさんは新年いかがお過ごしでしょうか。

僕は今、お正月を過ごしにサンフランシスコに来ています。
新しい大統領をどう考えているか生の声をききたかったからです。

ワシントンD.C.へは良く行っているので、
今回は友人も多いサンフランシスコにしました。

日本と-17時間の時差がありますが、
気温は13度なので東京と同じ感覚で過ごせます。

このあたり一帯はベイエリアと呼ばれる地域で僕が米国で一番好きな場所です。

ニューヨーク程せわしくないし
路面電車が街中を走っていてなんだかいい感じです。

海山の幸もあり食べ物もおいしいと思います。

チャイナタウンは米国最大で中華もおいしいし、
ナパバレーも近くワイン好きにも楽しいところです。

どうでもいいかもしれませんが、
ミシュラン★★★のフレンチは5店もあります。
ニョーヨークでも6店ですから素晴らしいですね。

(★★も7店ありこれは全米最大数です。
ちなみに東京は★★★フレンチは2店です。
やっぱり、どうでもいいか。。。)

サンフランシスコから車でフリーウェイに乗って
南に数10分ほど走らせると、そこはシリコンバレー

スタンフォード大学もあります。

僕にも懐かしの場所で、それはもう有名な
IT企業が本社を置いています。

アップル、インテル、HP、オラクル、
シスコのようなメーカー系の古参企業から、
ヤフー、イーベイ、グーグル、フェースブック、
ツィッター、テスラモーターズのような新興勢力まで、
世界的な企業がひしめいています。

バスで高名なIT企業を見物するツアーもはやっているようです。

昔から犯罪が少なく
(そりゃそうだ、皆車で移動するので
歩く人はいないのだから犯罪に巻き込まれるはずがない)、
実にきれいな街並み、おいしい店も多いし
高級なショッピングセンターもあります。

スタンフォード大学構内の大きなショッピングセンターにも
高級ブティックやデパートが入居しています。

しかし、どうも昔住んでいた頃と大きく変わっています。

まず車の渋滞がすごくなりました。
人口が増えたのでしょう。

ここからサンフランシスコでオペラを見に行くのに、
以前は開始1時間30分前に出発していれば間にあったのですが、
いまは2時間30分前に出なければ間に合わなくなりました。

地価もひどく上がりました。
昔から割高で有名な場所でしたが、さらに割高になっています。

一軒家(庭は多少は広いにせよ
日本の一軒家と規模は変わらない)が100万ドル。
1億を軽く超える値段になっています。

これは東京都心並です。
家賃は2ベッドルームの部屋で月3000ドル(35万円)です。

この10年間で70%上がったそうです。

車がないと生活できないしスーパーの食料も高いし外食も高いです。

給料が良い会社は多いですが、
それ以上に生活費がかかりすぎますね。

これでは良い人材が集まりません。

優秀な人材はあっという間に辞めて
より高給な会社に移るので、ベンチャー企業も、
ここでビジネスをしていくのは厳しくなっています。

では、どこにIT起業家が集まってくるのでしょう?

すぐ思い浮かぶのは、シアトル(ワシントン州)です。

アマゾンの本社があります。
クラウドサービスの新興勢力がここに勢ぞろいしている地域です。

友人が10数年前シリコンバレーの会社を辞めて
アマゾンに転職した時、シアトルに行く事にした、
と連絡がきた事を思い出しました。

ニューヨークも市長がデジタルNYとして
IT企業誘致に乗り出しています。

マンハッタンのシリコンアレーと呼ばれる地区は
雇用が2008年より50%上昇しました。

他にも、ロサンゼルスのシリコンビーチに、
ユタ州のソルトレイクシティに、、、全て、米国ですね。

米国内では、ITの地域勢力図は大きく変わろうとしています。

しかし、今後も米国を中心に世界のITが
進化してゆくであろう事に変わりはありません。

なぜ日本でこうした世界的なIT企業が登場しないのか、
これには明確な理由がありますが別の機会にしましょう。

今日で正月も終わり。
サンフランシスコから東京まで飛行11時間。
パソコン開いて仕事でもしながら帰ることにします。
ワインも少しいただきながら。

あまり役に立たない話になってしまいましたか。。。

では、また次回お会いしましょう。

奥村尚

<編集部のおすすめ>
急騰する新興株をどうリスクを
抑えて売買するのか、

どのようにデイトレ・スウィングで
利益に変えていくのか、

経験豊富な専門講師が
実例やチャートを使いながらわかりやすく
お伝えいたします。

http://j-i-s.info/j-i-s/osaka_170107-08/


トランプ大統領の財政出動の意味とは?

2016.12.28
prof_okumura

From:奥村尚
都内のオフィスより、、、

おはようございます。

前回を除いてこの2回は日銀の話をしています。
今までは金利調整の施策と歴史を、
信用不安の対応などのエピソードとからめてお話しました。

今回は、金融緩和について。

金融緩和は、景気を刺激させることを目的に
お金の流通を図ることを指します。

昔から日銀は金利を上下させて
お金の流通量を調整してきました。

金利を低くするとお金が借りやすくなるため
民間企業は借りて設備投資を行う。

設備投資が進むといろいろなものが
売れるので景気刺激になる、
金利を高くするとその逆というわけです。

経済成長してインフレがあった昔はそれでよかったのです。

インフレとは、物価が上がることです。

経済が成長するとお金の流通も増え
給料も増えるので、モノは良く売れます。

モノが売れるとモノの供給が追い付かず
物価が上がるというわけです。

このように経済が拡大し成長するときにインフレが起こるのです。

一方、インフレ状況では心理的にも
明日はモノが値上がるという気持ちが起こり

今日のうちに買っておこう、
と思うので財布のひもを緩め経済を刺激します。

現在日銀がインフレ率2%を目標にしているのは、
こうした理由があるのです。

さて、日本はバブルも崩壊し、経済成長が止まりました。
むしろ物価が下がるデフレに陥りました。

デフレとはインフレの逆で、
経済が縮小し物価が下がることを言います。

モノが安く買えるのだから良い事に聞こえますが、
経済が停滞しお金の流通も減り賃金が下がるので
長い目ではマイナスです。

モノが売れないのだから、企業は仕事がなくなり失業率があがります。

日本は、1997年以降、バブル崩壊に続いて
消費増税もあって深刻なデフレになりました。

バブル崩壊で山一証券、拓銀などが
倒産した事を記憶している方も多いでしょう。

牛丼がどんどん値下げ競争しているのもデフレの象徴でした。

デフレの状況ではモノが売れないのだから、
どんなに金利を安くしても、設備投資をして生産効率を上げ、
どんどん生産しようという行動は起こらなくなります。

このようなとき、政府の財政出動が効果的といわれています。
政府が税金でモノをつくり、税金で生産をする。

1920年代の世界恐慌でルーズベルトのとった財政出動は
中学の教書にものっていますね。

もっと有名なのはヒトラーが作りまくった
高速道路(アウトバーン)や戦争準備のための兵器製造です。

雇用はかなり改善されます。
雇用が促進させるのは景気刺激に最も重要なんです。

トランプ大統領が行おうとしている財政出動も景気を刺激します。

財政拡大とインフラ投資で景気を刺激し
減税で消費を刺激する。

そうするとインフレを起こし金利があがります。
金利が上がるとドルで預金をしたくなるので
皆こぞってドルを買う=ドル高です。
これは円安を意味します。

現米政府は輸出をして儲けるためにドル安を望んでいます。
トランプ大統領も、そして日本も欧州もそれは同じです。

が、財政出動は通貨高(米国であればドル高)を招くので、
米国の物価は上がります。

やや複雑な因果関係ですね。
少し話を盛り込みすぎたかもしれません。

この先は、日本に話を戻したいのですが
長くなりそうなので、次回以降にしたいと思います。

みなさま、良いお年をお迎えください。

奥村尚

<編集部のおすすめ>
安定的な投資を可能にする
「サヤ取り」投資法。

このセミナーでご紹介するの手法は
一般的なサヤ取りの精度をさらに高め、
暴落やショックに強い安定運用を実現しました。

一生モノのスキルを身に付けたい方は
こちらをクリック!

http://j-i-s-sl.info/ikeda/seminar_170108/


クリスマス直前「今年の総まとめ」

2016.12.21
prof_okumura

From:奥村尚
都内のオフィスより、、、

こんにちは。

今回は2回続いた日銀の話を続ける予定でしたが、、

今週はクリスマス。
そして、すぐ年末が来ます。

そろそろ1年を振り返ってみて、、
という話をしようと思います。

昨年末の大納会では日経平均19033円で終わり、
今年の大発会は18450円で終えました。

実に583円安という波乱のスタートだったんですね。

その後さらに下がりましたが約一年かけて
結局、昨日は19494円で引けました。

これは今年の高値圏ですから、
一年を通しておおざっぱにみると株を買った人は
(多かれ少なかれ)みな儲かったという事になります。

僕から見た現状をわかりやすく
“劇場”に例えてみたいと思います、、、、

今年はとにかくいろいろあったけれど、
米国の8年ぶりの大統領選で”ムード”が一変しました。

それまではガラガラだった劇場に
久しぶりに人が集まってきました。

ムードで支えられて株が高くなり円安になりました。
その円安が企業業績を水増しする結果となり、さらにムードは高まります。

日銀の買い支え型破りな新大統領、
時には孫社長という“役者”がどんどん登場して
舞台は盛り上がっています。

そしてさらに、盛り上がりはまだ続くように見えます。

「いったい、いつ終わるのだろうと」心配になり、
舞台終了を待たずに、途中で劇場を出ていった人も多いですが、
空いた席はスグに埋まり、劇場の外はいつも人であふれている。

主役の新大統領は1月20日の襲名披露があるので、
 それまでは続くのじゃないだろうか・・・

いやいや、その後はハネムーンがあるし、
 もっと続くのじゃないだろうか・・・

劇場の内外では、物語の先を予測する会話があちこちで聞こえ、
参加する人もしない人も大勢がこの大きなステージにくぎ付けになっています。

ちなみに、大統領は1月20日の就任後、
「一般教書演説」(State of the Union Address)があります。
慣例的に最終火曜なので、1月31日になるでしょう。

これは国の状況に関する見解と政治課題を説明する
message(教書)となります。

ついで、
「予算教書」(Budget Proposal)が2月に示されます。

議会が大統領予算案を示し、
「〇〇に対しこれだけお金が必要だと思うので予算化してくれ」
と依頼するものです。

どちらも注目されると思いますし、

1月20日以降予算教書演説までの期間は、
政権発足懸念の心理で市場が振れる可能性がある
とみています。

いずれにしても、
今年に関しては「終わりよければ全て良し」といったところでしょうか。

僕はというと、、、、

この一年、僕のお客様は投資でうまくいきました。

これが一番ですが、僕自身の投資も同様にうまくいきましたし、
CFOとして支援しているベンチャー企業もうまく回りだしました。
計画通りです。

そして、計画外の良い事もありました。
このようにブログで金融の話題を発信するという
新しいことにも挑戦できました。

いろいろなめぐりあわせで良い出会いもありました。
趣味でやっている競技エアロビックも良い成績だったぞ。。。。

と、なかなかに良い年だったのですが、
僕の話はさておき。

そろそろ、本格的に年間計画を反省し、
またあらたな年間計画を立てる時期にきましたね。

みなさんにとっては、今年はどのような一年でしたか?

それでは、また来週。

奥村尚

<今週金曜開催セミナー>
年始から新しいことに挑戦したいあなたに!

このセミナーで急騰株の本質を知れば
すぐに利益へ直結させることができます。

年明け、盛況相場で稼ぎたい方はこちらをクリック↓
http://j-i-s.info/j-i-s/seminar_161223/


投資判断の基礎となる「日銀の影響力」とは?

2016.12.14
prof_okumura

From:奥村尚
都内のオフィスより、、、

こんにちは。

先週は、
「金利の調整」の話をしました。

いかがでしたか?

1994年以降は、金利が自由化されたため
金融市場で調整することになった、
という先週の内容から今回は続きます。

皆さんの投資に関わってくる
現在の日銀の役割、
市場への影響力についてお話していきましょう。

“金利自由化”は、
世界的な金融自由化の流れの一環で、
日本でも1991年から3年間もかけて
用意周到に進めてきた規制撤廃でした。

日銀は金融市場、
特に、金融機関同士が
一日だけ(オーバーナイト)貸し借りする
市場(コール市場)
に対して
金利を示す(誘導金利)ことで、
公定歩合の時代と同等の
成果をあげるようになります。

“コール市場”
無担保で大金を信用だけで貸し借りできる、
特殊な市場です。

普段は市中銀行や
証券会社同士(民間金融機関)で
取引をします。

しかし、民間金融機関同士で
融通できなくなったときには、
日銀に担保を差し出して、
なんとかお金を借ります。

これは“基準貸付金利”と呼びますが、
公定歩合と似た働きをしていて
コール市場の上限金利となっています。

これが日銀が担う、公定歩合に代わる現在の役割ともいえます。

このコール市場は
為替と並ぶ重要な銀行間取引(インターバンク)市場で、
世界中の金融機関が24時間動き続けています。

ちなみに、
1997年11月に山一証券(山一)が倒産したのは、
手元現金が枯渇して資金繰りが行き詰まったのが
直接の原因となりますが、

僕がちょうど仕事でウォール街に行っていた時で、
「ウォール街ではオーバーナイトで山一に貸すな」
と多くの金融機関がインターバンク市場で
資金貸出を渋っていた事を思い出しました。

インターバンク市場は
無担保で大量の現金を貸し借りするので、
1社でも倒産すると連鎖します。

そうなると大変ですから、
経営があやしい金融機関にはそもそも貸さないのです。

結局、
山一は資金を調達できず、日銀からの助けもなく、
最後は倒産(自主廃業)の道を歩みました。

山一といえば、かつて
1965年にも一度倒産しかかりました。

戦後の証券不況の時、
やはり”資金繰り”に行き詰まったのです。

戦後の大きな成長を
前提に経営を押し進めてきた
大手証券はみな苦境に立たされましたが、
山一は特に苦しく、
再建計画を大蔵省の下で進めていたのです。

大蔵省はその事をマスコミに
報道自粛をかけていたのですが、
結局リークされて、
山一の取付き騒ぎに発展しました。

“取付き騒ぎ”というのは、
噂やデマを含め信用不安が原因で
預金者が殺到してお金を引き出す事をいいます。

銀行の預金引き出しだけではなく、
証券会社の口座解約、
保険の解約などで起こります。

金融システム不安の連鎖が起こると
その取引先を中心に
一般企業へも連鎖するので
政府や中央銀行が支援をするのです。

当時は日銀が山一に対し無制限、
無担保で融資する事を即日発表し、
騒ぎは沈静化しました。

当時の大蔵大臣、田中角栄の英断でした。
(この後、日本は成長を継続し、ついに1968年に
GNPが西ドイツを抜いて世界二位に躍り出ます。)

1997年の山一の廃業発表後には、
顧客保護のために”日銀特融”が実施されています。

なぜ、1965年のように倒産する前に
日銀特融を実施しなかったのかは、
いろいろ説がありますが、、、

おそらく、
“総会屋に対して利益供与をし、かつ粉飾決算を行う”という
ダークさによるものであった、といわれています。

少しそれましたが、今週は日銀の役割の変化をお伝えしました。

難しいように思えるかもしれませんが、
日銀の基本の役割を踏まえておけば
ニュースや政策の理解も深まり
投資判断の基礎とすることができます。

次回は、
現在のキーワードでもある”量的緩和”についてです。
あいまいだな…と思う方は、是非読んでみてください。

お読みいただきありがとうございました。

奥村尚

<編集部のおすすめ>
ジャパンインベストスクールの
人気講師、ウルフ村田による
株式投資体験セミナー開催決定です!

twitterでも話題を振りまく
パワフルな投資戦略をあなたも体感してみませんか?
http://j-i-s.info/j-i-s/seminar_161218/


昔とは違う”日銀”の役割とは?

2016.12.07
prof_okumura

From:奥村尚
都内のオフィスより、、、

こんにちは。

最近、日本銀行(以下日銀)が
株(TOPIX連動型のETF)を大量に買っていますね。
これは、金融緩和の一環なのですが、

そもそも、“金融緩和”とは、何の意味があるのでしょう?

日銀のふるまいを理解する事は、
投資に携わる者にはとても重要なので、
今日はなるべく話を単純化して展開してみます。

僕は、大学で受け持つゼミ(企業評価と金融市場)の中で、
あるいは自分でも資産運用塾を主宰して、
経済や金融の仕組みなどを体系立てて伝える事をしています。

こうした活動を通じて、
中央銀行の役割がいまひとつ
明確に理解されていない事に気が付きました。

理由は簡単で、
昔習った教科書と今の日銀が異なるからです。

大学院生ですら、
10年前に中学で習った教科書は今と既に違います。

ましてや、僕のように昔習った社会の授業とは、
結構な隔たりがあります。

経済は生きた学問です。

昔の理論や考え方は進化していて、
今の経済を理解するには
現在の中央銀行から学ぶのが近道
なんです。

マクロ経済学と呼ばれる分野が
日銀政策の基本となるのですが、、、

その世界は21世紀に入って大きく変わりました。

特に、”量的緩和”は話題になりますが、
世界で最初にこれを行ったのは日銀です。

では、この日銀の役割を順序立てて説明していきたいと思います。

まず最初に、“中央銀行”としての役割です。
中央銀行とは、
一国の金融システムの中核となる特別な銀行のことです。

日本の中央銀行は日銀ですね。
日銀の基本目的は「物価の安定」です。

お札を発行し(発券銀行)、
何かあったときの最後の貸し手(銀行の銀行)になる等、
いろいろ役割はあるのですが、

目的は「物価の安定のため」と理解してよいと思います。

そのために、
日銀は金利を引き上げたり引き下げたりして
安定を保ってきました。
日本の物価が安定しているのは、

日銀の仕事が素晴らしいとも言えるのです。

ここで、昔の教科書で習った、
“公定歩合”という言葉を思い出す人も多いでしょう。

“公定歩合”とは、
日銀がメガバンクや地銀などの民間銀行(市中銀行といいます)
にお金を貸すときの金利のこと
です。

昔は市中銀行の金利は公定歩合に連動していたので、
これで良かったのです。


昔といっても10年前です。
10年前習った内容は既に大きく変わって、
今やもう役に立たなくなったことになります。

それは,1994年に金利が完全自由化され、公定歩合とは関係なく
市中銀行は自由に金利を決めることができるようになったためです。

この続きはまた来週お伝えします。

今回はきっとみなさん教科書で習って、
記憶にある部分かと思います。

日銀の役割や基本的な政策については
知っていて損はありませんので
これから少しずつ取り上げていきたいと思います。

次回もお楽しみに。

奥村尚

<編集部のおすすめ>
なぜ個人投資家は狙われるのか?
それは、知りえる情報に限りがあるからです。

みんなが知ってる手法を使えば、
あなただけ裏をかかれて
カモにされてしまいます。

あなたが知っていることは、
きっと他の人も知っています…

ではもし、
この手法をあなたが知らないなら、
他の人はどうでしょう?

1人だけ抜け駆けして
秘密のノウハウを手に入れるチャンスです↓
http://j-i-s.info/j-i-s/ikeda_161211/
※残り4席。成功への切符を手に入れてください。